NISMOのR35GT-R用パーツ開発現場に潜入! レース用4ウェイダンパーベースの車高調が市販化される! | web option(ウェブ オプション)

NISMOのR35GT-R用パーツ開発現場に潜入! レース用4ウェイダンパーベースの車高調が市販化される!

R35GT-Rの旋回性能を極限まで高めるレース用の4WAYサスキットを販売!?

 

サーキット走行を楽しむためのサスペンションパーツがスタンバイ完了!!

 

2月某日、極寒の富士スピードウェイ。本誌取材チームのこの日のターゲットは、おなじみニスモのヘッドクオーター“大森ファクトリー”が持ち込んだ2台のR35GT-R。リリースに向けて開発しているパーツを、テストするのがその目的だ。

 

 

R35のパフォーマンスアップを目指して、今回ニスモが手を加えたのは足まわり。2008年モデルと2013年モデルのそれぞれに、特性の異なるサスペンションキットをセットしてきたのだ。

 

 

なかでも注目は、2013年モデルに装着されていたオーリンズベースのスポーツサスペンションキットだ。レース用に開発されたオーリンズ製大容量ダンパーをベースに、ニスモオリジナルチューニングを施したもので、伸圧それぞれに低速側40段、高速側50段の減衰力調整を持つ4ウェイタイプとなっている。GT-Rニスモ純正タイヤ用のスプリングレートはフロント17.3kg/mm、リヤ15.3kg/mm。RE-71RやA052など市販ラジアルタイヤ用のスプリングレートはフロント16.3kg/mm、リヤ12.2kg/mmの設定となる。受注生産品で、3月25日から受注開始の予定とのこと。

 

 

テストマシンにはこのサスペンションキットの他、同じく近日リリース予定のショートタイプフロントアッパーリンクと調整機能付きスタビライザーキットも装着。

 

 

サーキットでのコーナリング性能を向上させるために開発されたフロントアッパーリンクセットは、アーム取り付け位置を4.5mm短縮することで約0.5度のネガティブキャンバー設定となる。純正品と同形状、同材質を採用することで十分な強度と剛性を備えている。

 

 

そして、スポーツサスペンションキットのポテンシャルをフルに引き出すために用意されたスタビライザーキットは、前後セットでフロント用は34φ、リヤ用は17.3φで3段階のレート調整機構を装備。レートは、フロントが2013年モデル純正比110%相当。リヤは固定位置により2013年モデル純正比146%、165%、185%の異なるレートに調整が可能で、幅広い仕様に合わせることができる。

 

これらのパーツの効果は絶大で、リヤサスペンションの追従性が向上して4輪を効率的に使ったコーナリングを実現。富士スピードウェイで1秒半(!)ものラップタイム短縮を実現した。

 

 

テストドライバーの影山正美さん曰く「35でサーキット走行をフルに味わえるようにセットアップしたのがこのマシンとサスキット。優れた空力効果を発揮するエアロパーツと新たにリリースされるサスペンションパーツの相乗効果で約1.5秒のタイムアップを実現しました。ノーマルの優れたバランスは崩さずに限界を高めたので、扱いやすさにも自信ありですよ」とのこと。

 

 

一方、2008年モデルが装着していたのは、ストリートでのコンフォート性能もしっかりと確保した試作タイプのサスペンション。これは2017年モデル標準車の純正サスをベースに、スプリングロアシートをオフセットタイプに変更。2017年モデルのしなやかな特性はそのままに、程よいローダウンスタイルを獲得できるというものだ。

 

 

こちらもフロントアッパーリンクとスタビライザーキットを組み合わせることで、スポーツ走行時の限界向上も可能というから、初期モデルのアップデートパーツとして待望の選択肢となりそうだ。

 

完成度の高さで人気の前期最終の2013年モデルが本格的なチューン時期を迎えるため、ニスモでは今後さらにR35用パーツやカスタマイズメニュー開発に力を入れていく。

 

年内にはカーボンボンネット、さらにパワー系では“R1”コンプリートエンジンの準備も進めているようなので大いに期待したい。

 

●取材協力:ニスモ  TEL:0120-846-423

 

【関連リンク】

ニスモ

http://www.nismo.co.jp