車高とホイールだけで魅せる挑発的な極低フェアレディZ(Z34)! | web option(ウェブ オプション)

車高とホイールだけで魅せる挑発的な極低フェアレディZ(Z34)!

ローフォルムとアメ鍛でツライチを極めるZ34

 

フェンダーの耳すらない現行ニッサン車の強みを駆使

 

現オーナーN氏(職業柄、顔出しNG)は2代目オーナーになるという、スタンス系カスタムに強い「エム・コンフィデンス」が仕上げたZ34。同ショップが得意とするスポーツラグジー仕立てで、Z34では珍しい極低車高にAGIOの鍛造3ピースホイール、いわゆる“アメ鍛”がツラツラでインストールされている。

 

 

撮影時は車検から帰ってきたばかりだったため、これでも通常より前後10mmずつ車高が上がっている状態だったりする。なお、フロント約50mm、リヤは60mmほどのローダウンを敢行している。

 

 

シャコタン&ツライチメイクに使用しているパーツを聞くと「このZは車高調だけで大した加工もしていない」とのこと。その理由はいくつかあるが「Z34はリヤフェンダーがブリッと出てるんで、加工なしで12Jホイールまで攻められるんです」と言う。

 

 

また、最近のニッサン車の特徴でもあるが、リヤフェンダーに“ツメ”が存在していないことも大きい。275ものワイドタイヤをセットして60mmものローダウンを敢行しながら、走行中にタイヤと干渉するリヤインナーフェンダー後端をカットするだけで、狙いのスタイリングを成立させているのだ。

 

 

ちなみに、このZ34はベースグレードだが、現オーナーは上級グレード純正の対向ピストンキャリパーを投入。元々、ベースグレード純正の片押しキャリパーに合わせてホイールサイズを計算していたため、対向キャリパー化に合わせてフロントは8mmスペーサーを入れて干渉を回避した。ちなみに、キャリパーはプジョー純正のライムグリーンで塗装。

 

 

無論、スペーサーは本来なら使用したくないパーツ。だからこそリヤホイールは、3ピース構造の強みを生かしてディスクはそのままリムをフル交換! インセット変更と同時に、元々の10.5Jから11.0Jへのワイドリム化も実施しているのだ。

 

 

リヤホイールの5インチものアウターリムが見せる深リムと、約4度のネガティブキャンバーがスタイリングの決め手。このネガキャンはサスが沈んだ時に、タイヤがキレイにフェンダー内に収まるよう計算されたものだ。

 

 

エクステリアはシンプルメイクを追求。純正リヤバンパーのボトム部は本来ボディ同色だが、車高の問題でエアロを装着したくないオーナーの要望に応えつつ、カッコ良く見せるためにマットガンメタで塗装。なお、車両の前後正面はブラックを取り入れて引き締めるが、サイドはホイールのポリッシュとバランスさせるためにシルバーを生かしている。

 

 

「Z34のフェンダーは、こうカスタムするためにデザインされたんじゃないか?」と思ってしまうほどに、無敵のスタイリングを見せつけている。

 

 

車高調   :ラルグス

スプリング :ラルグス(F10kg/mm R8kg/mm)

アーム類  :ノーマル

ホイール  :AGIO STAR(F9.5J+15 R11.0J+5)

タイヤ   :ニットー NT555(F245/35-20 R275/30-20)

スペーサー :F8mm

エアロ   :――

ボディ加工 :リヤインナーフェンダーを一部カット