定番チューンなど関係ナシ! 己の道を突き進むレッド×ブラックの邪道NSXがかっこよすぎる! | web option(ウェブ オプション)

定番チューンなど関係ナシ! 己の道を突き進むレッド×ブラックの邪道NSXがかっこよすぎる!

NSXで構築する圧巻の極低フォルム!

 

NOS、ガルウイング、そしてサイドシル貫通の両サイド出しマフラーまで!

 

その生い立ちからGT系のカスタム&チューニングが王道とされるNSXだが、ここで紹介する1台はその真逆を突き進む1台だ。ベタベタに落とされた車高、ガルウイング、過度のネガキャン、サイド出しマフラー…。全てが邪道で、存在そのものが王道チューンへのアンチテーゼにも感じる。しかしこのNSX、文句なしでカッコイイのだ。さっそく、オーナーの拘りと信念に基づいて製作された脱定番仕様のメイキングをチェックしていこう!

 

エアロはルートKS 02仕様を基本に、リヤのみR-GTバンパーを装着。またBピラーのカーボン化をはじめ、ドアキーホールのスムージング処理やUSサイドマーカーの装着など、細部にいたる手直しが独創的なエクステリアを作り出してることがわかる。NSXらしからぬ、リヤのネガティブキャンバーがたまらない。

 

エンジンだって見せてナンボ!

メッキ加工がほどこされたカムカバーやARCインダクションボックス&リザーバータンク、NOS&フューエルラインをはじめとしたステンメッシュホースなど、積極的に光りモノが使われる。見せることを考えて、ボーダーのストラットタワーバーをチョイスしてるあたりもニクイ。ちなみにNOSボンベはトランクルーム内にセット。「そこを全面覆っているアルミパネルは、トップフューエル堤メカの力作です」とオーナー談。

 

巧みなレイアウトでサイド出しを実現

マフラーはルートKSをベースに、なんと左右サイド出しに変更。本来リヤエンドにむかうハズのエキゾーストパイプが180度むきを変えてロワアームの下を通過している。スゴイのはそこから先で、まずサイドシル後端を貫通。その中を通り、サイドに向かってテールエンドが設けられているのだ。さらに、サイドステップのガーニッシュはクラウンマジェスタ用を上下逆さまに装着。う〜む、芸が細かい…。

 

フェンダーのカブリ具合が最高!!

ホイールはボディ色にあわせてブラックでオールペンされたAVSモデルT5。フロント8.5J×19オフセット+45(5mmスペーサー)、リヤ9J×20オフセット+42(25mmスペーサー)を履く。それに組みあわされるタイヤはフロント215/35サイズのDNA GP、リヤ225/35サイズのフェデラル595EVOだ。また、フロントフェンダーは20mmワイド、リヤフェンダーはツメ折り+内部加工でホイール&タイヤを収め、超シャコタンを実現。

 

ガルウイングドアはお約束

ここまでインパクト絶大なエクステリアだけに、ドアもガルウイング化が図られるのは当然のこと。どこのメーカー製か聞き忘れたけど、国産のモノを使ってるそうだ。

 

仕上がりがあまりにも自然すぎ!

NSXの純正サイドミラーはドアパネルに固定されてるけど、その穴をスムージングした上でコーナー部に移設。しかも、コーナー部に直接サイドミラーを取りつけると、台座の角度の問題から外側が大きく上にむいてしまうため、テーパー状のアルミスペーサーをかませて地面と平行になるよう装着される。はじめからソコについていたかのような完成度。NSXオーナーが見たら「おおっ、コレはっ!!」と驚くはず。

 

どことなくアメ車っぽい雰囲気?

リヤコンビネーションランプはフルLED化。上下2段にして、本来はランプ機能を持たないセンターガーニッシュにもLEDを埋めこむことで、ノーマルとは全く違う表情を生み出している。こりゃ後続車に対するアピール度の高さも抜群だ!

 

赤黒2トーンのビビッドなインテリア

内装は全面張り替えか? と思ったら、赤い部分は塗装で仕上げたとのことで、ここまでの質感が出せることにまずビックリ。さらに、注目はメインメーターでS2000のデジタル式がキレイにインストールされてるのだ! また、センターコンソール上段のモニターにはCAMP2で各種情報が映し出され、助手席の目の前にはデフィ水温、油温、ブースト(ボルトオン過給機チューンを予定してる!?)、油圧、電圧計が整然と並べられている。