アルファロメオGTVにフルチューン4G63エンジンを換装!? これぞ日本とイタリアのWチューンドなり! | web option(ウェブ オプション)

アルファロメオGTVにフルチューン4G63エンジンを換装!? これぞ日本とイタリアのWチューンドなり!

流麗なボディに与えられた2.3Lフルチューン仕様の4G63!

 

強烈な個性とインパクト! 日本とイタリアのW

 

日本には96年に導入され、06年まで販売されたアルファロメオの2ドアクーペ「GTV」。ワイド&ローなボディは、イタリアの名門カロッツェリア、ピニンファリーナがデザインを担当。サイドに深く彫られた、後方に向かって切れ上がるキャラクターラインがエクステリアにおける最大の特徴だ。

 

エンジンは、当初2LのV6ターボ(201ps)と直4NA(150ps)を用意。ミッションはV6に6速MT、直4に5速MTが組みあわされた。後にV6は3LのNA(220ps)→3.2LのNA(240ps)と変更。他に類を見ない独創的なスタイリングと、官能性では世界屈指と評されるV6エンジンに、日本でもコアでディープなファンが多い。

 

 

そんなアルファGTVをベースにしたスーパーチューンドがこちら。

 

キッカケは、かつてエスプリが作った3S-GTエンジンを搭載するミニの存在。それも単純なエンジンスワップでなく、2.2L化+GT30プロSターボで440psを誇るという激しい仕様で、それを見たミニオーナーの知り合いが「ミツビシのエンジンで同じようなクルマを作ってほしい」と、アルファロメオGTVと、ドナーになるランエボをエスプリに持ちこんだのだ。

 

 

まずランエボから降ろされた4G63はHKS2.3Lキットで排気量を拡大。ヘッドにはHKSカムシャフトが組まれ、強化ポンプや850ccインジェクターで燃料系の強化も行われた。そこにセットされるタービンはHKSのGT3037。制御系は、エンジンハーネスを製作した上でF-CON Vプロが導入され、オーバー500psを発揮する。

機能性を突きつめた排気系

 

 

エキゾースト環境も完全なワンオフとなる。マフラーはステンレス製で、排気効率を追求してストレート構造を採用。サイレンサーはセンターに設けられるだけで、リヤオーバーハング部を中心とした軽量化も考えられているのだ。

 

 

このアルファGTVはサーキット走行も視野に入れているため、トランクルームにはコレクタータンクをセット。燃料ポンプは純正タンクからコレクタータンク、コレクタータンクからエンジンに送る2基が備わる。いずれもボッシュ製だ。

 

 

冷却チューンも徹底。ラジエターはコア面積を可能な限り広く取ったアルミ製ワンオフ品を装備。大型電動ファンも追加して、フルチューン仕様の4G63に見あったクーリング性能を手に入れている。

 

そんなフルチューン仕様の4G63を5速MTとともに換装。ミッションはリヤに駆動トルクを伝達する必要がなく、FF車用として使うため、内部に加工が施されている。また、クラッチにはエクセディのツインプレート、デフにはクスコ機械式LSDを組みこんで、大幅なパワーアップを見越した駆動系の強化も抜かりナシだ。

 

 

「現車あわせでエンジン&ミッションマウントを作って載せたんよ。もともとV6エンジンが載ってたもんやから、スペース的にはまったく問題なかったな。パワーが大幅にあがるから補強だけは入れたけど、ボディを切ったり貼ったりはいっさいしとらんよ」とエスプリ前川代表。

 

 

エンジンとミッションは思いのほかすんなり搭載できたけど、それだけじゃまだ走れない。なぜなら、ドライブシャフトの問題をクリアしなければならないからだ。そこでエスプリでは、ミニ3S-GT仕様を作ったときのノウハウをいかしてドライブシャフトをワンオフ製作。こうして4G63フルチューン仕様を載せるアルファGTVのパワートレインが完成したワケだ。

 

 

また、走行ステージはサーキットをメインとしてるため、足まわりも相当つくりこまれている。フロントはHKSのCZ4A用車高調を加工流用してハイパコ製スプリングをセット。リヤは車高を落としながらストローク量を稼ぎ、さらに十分な容量も確保するため、別タンクを持つワンオフダンパーが装着される。スプリングはアイバッハ製だ。

 

 

一方のインテリアは機能を求めたシンプルなメイキングだ。助手席とリヤシートを取り払ってシングルシーター化。ロールケージはワンオフの7点式が組まれ、安全性とボディ剛性を高めている。

 

 

メインメーターはパーカルラップコムで各種情報を集中管理、その隣にはブリッツブースト計が装着される。また、センターコンソールにはHKS EVCと燃料計を装着。その下にはVプロも確認できる。

 

国産ハイパワーチューンドすらも喰う実力を秘めたイタリア産スポーツクーペ。考えれば考えるほど恐ろしい魔改造マシンである。

 

●取材協力:エスプリ 三重県鈴鹿市住吉3-19-1 TEL:0593-70-8080

PHOTO:Katsuyoshi KOBAYASHI

 

【関連リンク】

エスプリ

http://www.esprit.to/