希少性なぞ知ったことか! カウンタック・アニバーサリーの男気チューンド捕獲! | web option(ウェブ オプション)

希少性なぞ知ったことか! カウンタック・アニバーサリーの男気チューンド捕獲!

スーパーカーブームを牽引した絶対的存在をイジる!

 

唯一無二の存在に昇華した憧れのスーパーカー!!

 

まさか、こういうカウンタックがあるとは思わなかった。

 

 

なぜなら、いまや程度の良い個体はほぼ皆無という状況。加えて、中古車価格も2000万円オーバーだからオイソレとは手を出せない&チューニングにも踏み切れないだろうし、なにより世のエンスー系クルマ好き連中によって「この手のスーパーカーはフルノーマルで乗るのが正統派」みたいな、じつにくだらない風潮が広まってたりするからだ。

 

だからこそ、オーナーからのリクエストに応えて、クライスジークがきっちり手を入れたこのカウンタック25thアニバーサリーの存在は痛快以外の何者でもない。

 

 

エンジン本体こそノーマルだけど、もともと455psを誇る5.2LのV12を積んでるわけで、普通に考えたらあえてイジる必要がないのも事実。現状、点火系が純正のイタリア・マレリ製からMSD M8に交換され、マフラーがクライスジークオリジナルの可変バルブつきがインストールされているのみだが、それで十分だったりする。

 

 

このマフラー、カチあげセンターデュアル出しというレイアウトもさることながら。バルブを開けたときの直管モードは車内で会話できないくらいの爆音仕様である。もちろん、いかにもわるそうなリヤビューを演出するのにもひと役買っている。

 

 

そんなエンジンに対して、足まわりには何度も仕様変更を繰り返して煮つめられたアラゴスタ特注車高調が奢られている。リヤはツインダンパー式だ。バネレートはフロント14kg/mm、リヤ8kg/mm×2本。また、ブレーキは前後ともブレンボF50キャリパー+355mmローターで、リヤにはサイドブレーキ用キャリパーも設けられる。制動力はバツグンで、初期からカチッと効いてくれる。

 

 

さらに、イチバンの見どころといえるのがエクステリアだ。パテ埋めで叩き出し風に改められた前後フェンダーやリヤバンパーには、大胆にもエア抜きダクトが設けられ、フロントフードはディアブロGT風ダクトを備えたカーボン製のワンオフ品に交換。サイドミラーは台座を作った上でクラフトスクエア製が装着され、リヤウイングもノーマルをベースにして翼端板をワンオフ製作したモノになる。仕上げはボディカラーで、カーボンフロントフードにあわせ、なんとBNR32の純正色をじゃっかん濃くしたガンメタでオールペンされているのだ。ここまでやっちゃったオーナーには、もう脱帽するしかない。

 

 

サイドミラーはクラフトスクエア製のGTタイプ。純正ミラーはドアパネルに装着されているが、アルミで台座をワンオフ製作した上でサイドウインドウ部に装着されている。

 

 

美しいデザインのホイールはNEEZのマグネシウム鍛造18インチで、フロント8.5Jオフセット-10、リヤはなんと13Jオフセット-27! タイヤはフロント225/35、リヤ335/30サイズのピレリPゼロがセットされる。

 

しかも「これほど程度の良いカウンタックはそうそうないと思うから、ぜひ乗ってみてよ」というクライスジークのお言葉に甘えて試乗させてもらうことに!

 

 

めちゃくちゃ低い着座位置と手足を前に投げ出すようなドライビングポジション、目の前まで迫ったフロントウインドウがすでに異次元の世界。可変バルブマフラーを直管モードにして、背中ごしに唸るV12の強烈な存在感を感じながらスタートする。5.2Lの低速トルクはハンパでなく、あっけないほどスルスルと走りはじめた。ひとむかし前のチューニングカーを思わせる重いクラッチと、ゲートに沿って丁寧に操作しなければならないシフトを除けば、至って普通に乗れてしまうことにまず感動だ。後方視界だけは絶望的だけど、車両感覚を掴むのも割と簡単だったりする。

 

 

前が空いたところでいよいよフルスロットル。強大なトルクで一瞬ドン! と蹴り出されたかと思ったら、エンジン回転数の上昇とともにその感覚がいっそう高まっていく。とくに3500rpmからが圧巻で、吹け上がりかたは軽快というよりも力強く荒々しい。いやはや、凄まじい迫力。アイポイントの低さと急激にトーンを高めていくV12サウンドがそこに輪をかけ、ワープでもするんじゃないか!? と思わず錯覚してしまった。体感的な速さは、まさに鳥肌ものだ。

 

わずか数10分の試乗で、降りたあとここまでの脱力感を味わったクルマは久しぶり。チューンドカウンタックは、想像を絶するほど刺激的だった。

 

取材協力:クライスジーク

REPORT:Kentaro HIROSHIMA

 

【関連リンク】

クライスジーク

https://www.kreissieg.com/