「S660にワンランク上の高級感と力強さを」 老舗が提案するハイエンドエアロパーツのススメ! | web option(ウェブ オプション)

「S660にワンランク上の高級感と力強さを」 老舗が提案するハイエンドエアロパーツのススメ!

美しさと機能性に拘ったエアロパーツでエスロクを包みこむ!

 

素材を巧みに料理する高度なセンスに注目

 

作り手のセンスが求められるエアロパーツの世界。ミリ単位のラインの違いが、素材のよさを引き出せるか?否か?を大きく左右する。しかも限られた枠内でデザインすることが求められる軽スポーツは、なおさらそのハードルが高まるという。果たしてガレージ・ベリーが手掛けたS660用エアロはどうか?

 

 

何はともあれ写真をご覧いただきたい。S660が持つ先進的なデザインを尊重しつつ、さらにスポーティに仕上げきたその手腕は、まさにお見事という他にない。さりげなく個性を主張したいオトナなS660乗りにもピッタリときそうなデザインだ。

 

 

まずは、フロントバンパーからチェックしていこう。グリルを一体化したフルバンパーとなるこちらのエアロは、立体的なダクトを設けたアグレッシブなデザインにも関わらず、あたかもオリジナルであるかのようなナチュラルな装着感を併せ持つ。

 

 

それでいて機能性まで配慮した設計となっており、グリルやダクトから取り入れたフレッシュエアはラジエターへと導かれる。さらにカーボンリップスポイラーは、効果的にダウンフォースを生み出す形状に。そう、あくまで性能ありきのエアロデバイスのみをプロデュースしているのもガレージ・ベリーのこだわりなのだ。

 

 

また、ボディサイドに目を移すと、サイドステップやサイドダクトカバーが目に入る。いずれも純正のボディラインに違和感なくマッチするデザイン。適度なボリューム感を持たせることでローフォルムを際立たせる。

 

 

そしてリヤセクション。小振りなサイズながら侮れないダウンフォースを発生するスポイラーは抜群の一体感をみせる。さらに大胆に開口部を設けたリヤディフューザーは、エンジンルームの熱気を抜く効果も期待できる。専用の2本出しマフラーまでセットすれば、リヤビューの存在感がいっそう高まること請け合いだ。

 

 

その他、純正ロールトップ用の骨組みに貼り付けて使用するハードトップも注目だ。純正はだんだん幌が波打ってきて隙間から走行風が入ってくるケースもあるが、そうした際の対策にも有効。強度面にも配慮し、十分な厚みを持たせているので安心して使用できる。両面カーボン、片側カーボン、FRPの3タイプを用意しているのもありがたい。

また、インタークーラに繋がるサイドダクトにセットして冷却効率を高めるサイドベンチレーターも設定されている。

 

 

なお、東京オートサロン2019では、リヤフェンダーにマウントする形状のGTウイングを新たに発表するなど、S660用パーツを積極的に展開中のガレージ・ベリー。その動向にはますます目が離せなそうだ。

 

 

取材協力:ガレージ・ベリー TEL:048-469-1708

 

【関連リンク】

ガレージ・ベリー

http://vary.co.jp/