現行スポーツモデルを軽くブチ抜く鉄仮面スカイライン(DR30)! ベストコンディションを保つ実測450馬力のゼロヨン仕様 | web option(ウェブ オプション)

現行スポーツモデルを軽くブチ抜く鉄仮面スカイライン(DR30)! ベストコンディションを保つ実測450馬力のゼロヨン仕様

450psを発揮するFJ20改2.1L+K27MOJシングルターボ仕様!

 

時代を感じるパーツチョイスだが戦闘力は一線級だ

 

今なお多くのファンを持つ6代目スカイライン(R30系)。その後期型「鉄仮面」には、インタークーラーレス190ps仕様のRSターボと、インタークーラー付きでタービンの小型化によるレスポンスアップを実現した205ps仕様のRSターボCが存在する他、それぞれに運転席パワーシートやクルーズコントロールを備えた上級グレードRS-Xシリーズもラインアップされた。

 

 

宮城県富谷市に店舗を構える実力派チューニングショップ「スクリーン」が手がけたこのDR30は、205ps仕様のRSターボCがベースで今でこそ走る機会が減ったというけれど、元々ゼロヨン仕様として製作された1台だ。

 

 

ところどころ剥がれたカムカバーの赤い結晶塗装が時代を物語るFJ20ETエンジンではあるが、その中身は強烈。純正2mmオーバーサイズとなる東名91φ鍛造ピストンで排気量を2.1Lまで拡大すると同時に、パワーアップに対する耐久性の向上を狙って、コンロッドはクロワー製I断面に交換。さらに、ヘッドにはIN/EXともに272度のHKSカムシャフトが組まれ、吸気系には効率アップを狙ってインフィニティ90φスロットルとワンオフサージタンクを導入する。

 

組み合わされるタービンは往年の名機「K27MOJ」だ。HKSのフルコンF-CON Vプロによる制御で、最大ブースト圧1.7キロ時に最高出力は450psに達する。

 

 

それにあわせて駆動系も強化。ミッションをノーマルのFS5W71BからR33スカイラインの71Cに換装して、パワーに対する耐久性を高めながら、同時にシフトフィールの改善も実現している。また、ジャダーを防ぐためにデフマウントのリジッド化を行っているあたりも、ゼロヨン仕様ならではのメイキングと言っていい。

 

 

一方の足まわりは、ドラッグ仕様の減衰力特性とされたエナペタル改車高調整に、ベステックス(F)/HKS(R)スプリングという組みあわせだ。ブレーキはパッドのみルービックスに交換される。ホイールはSSR GPシータ(F8J×17+37 5mmスペーサー/R9J×17+37 30mmスペーサー)をセットする。

 

 

コクピットはゼロヨン仕様ならではの作りだ。ダッシュボードには追加メーターがズラリとならぶ。メーターパネル右側にトラストブースト&排気温計、左側にアペックス油温計とオートメータータコメーター、センターコンソールにはオオモリ水温/油温/排気温がセットされる。

 

 

さらに、オールペンでリフレッシュしたボディやカッコ良さに拘った車高にも注目。走りよし、ルックスよしのDR30は、全身スキのない仕上がりを見せているのだ。

 

取材協力:スクリーン 宮城県富谷市成田9丁目1-17 ☎︎022-348-3761

TEXT:Kentaro HIROSHIMA

 

【関連リンク】

スクリーン

http://www.screen-powers.net/main.html