吟味された最上級のパーツのみで構成されたBNR32オールラウンダー! | web option(ウェブ オプション)

吟味された最上級のパーツのみで構成されたBNR32オールラウンダー!

2.8L+Vカム+T78-33Dタービンの組み合わせはRB26チューンの到達点のひとつ

 

どんなステージでも戦えるトータルバランス最重視の1台

 

このBNR32は、完全合法にこだわる緑整備センター代表の内永さんが、サーキットでタイムを出しつつストリートでの乗り味も重視してセットアップしたマシンだ。

 

 

内永代表が「RB26チューンのひとつの到達点」と表現する2.8L+Vカム+T78-33Dシングルタービン仕様のエンジンは、ビッグシングルタービンによる高回転域の伸びと排気量アップの湧き上がるような低速トルクを見事に融合。ストリートではブーストを常用1.3キロに設定して約520psを発生、アタック時は1.5キロまでブーストをかけて600psまでパワーアップする。

 

 

ビッグシングルT78-33Dが真っ先に目につくエンジンルーム。HKSの2.8Lキットで排気量をアップしているが、クランクシャフトのみもともと使用していた東名パワード製が装着される。「意外とHKS2.8Lキットと相性が良いですね。ピストンの首フリが少ない。クリアランスがよく取れている証拠です」とは内永代表。あとは各気筒の吸入口がそれぞれファンネル形状となったニスモサージタンクで吸入効率をアップし、軽量性を重視してアルミ1層のカルソニックラジエターを装着するなど、周辺パーツにも抜かりはない。

 

 

そしてサスペンション。レーシングドライバーのミハエル・クルムと共同開発したフォース・サスペンションの3WAYを装備する。バネレートはフロント13k、リヤ8kだ。ブレーキローターは、ストッピングパワーもさることながら熱膨張に強く、高いブレーキ冷却性能が特徴のアルコン製をチョイス。さらにダクトを引っ張ってきてブレーキ冷却に力を注いでいる。キャリパーもアルコンの8ポッドを奢る。

 

 

また、BNR32ノーマルのまま車高を下げていくとステアリングラック本体とタイロッドエンド部に角度がつきすぎてしまう。そうなると、ハンドリングが著しく低下してしまうため、その対策としてこの車両はBNR34の前後サスメンバーを移植している。アライメント変化を抑制するだけでなく、剛性アップも図れる一石二鳥のメニューだ。

 

 

コクピットも作り手の強いこだわりが感じられるパートだ。メーターにはAmiのMXLデジタルメーターを装着。これで水温や油温などすべての情報を管理できるため、追加メーターをつける必要がなく「インテリアはスッキリがモットー」という内永代表のポリシーをよく表す選択だ。コンソールぶぶんにはバルコンと空燃費計、そしてドゥーラックのアテーサコントローラーがセットされる。

 

 

まさにトータルバランス重視の最上級メイキング。サーキットのみならず、どんなステージでも最前線で戦えるオールラウンダーというべき仕上がりになっているである。

 

●取材協力:緑整備センター 神奈川県横浜市都筑区川和町140 ☎︎045-933-1101

 

【関連リンク】

緑整備センター

http://www.midoriseibi.co.jp