ホンダワークス「無限」が久々にガチで挑んだ超大作! 販売前提のシビックタイプR究極形態 | web option(ウェブ オプション)

ホンダワークス「無限」が久々にガチで挑んだ超大作! 販売前提のシビックタイプR究極形態

全身に漲る無限スピリッツ!「MUGEN RC20GT」の全容

 

歴史に残る究極の1台とするために機能性と品質に一切の妥協を許さない

 

東京オートサロン2019の会場で、ファンからの熱い視線を集めていたのがこのマシン。ベースとなったシビックタイプRのストックモデルとはイメージを一新した大胆なデザインのフロントマスク、鈍い輝きを見えるドライカーボン製のボディパーツなどが圧倒な存在感を放っていた。

 

 

そう、このマシンこそ1年前の東京オートサロン2018でコンセプトモデルとしてデビューした『MUGEN RC20GT』の進化形に他ならない。車名に添えられたプレ・プロダクションモデルというサブネームからも分かるように、市販化へ向けて本格始動を開始したことを表す1台となっているのだ。

 

 

エクステリアデザインに関してはほぼコンセプトモデルのままだが、特徴的なフロントバンパーは開口部を大きくとってインタークーラーやラジエターの冷却性能を向上。両サイドにはオイルクーラーやブレーキまわりを冷却するための導風ダクトも設置されている。

 

 

角度調整式のウイングエレメントを持つオリジナルのリヤウイングは独特な形状だが、これは無限のレーシングテクノロジーが導き出した空力優先のデザインに他ならない。素材はドライカーボン製を採用する。

 

 

さらに、ボンネットのフロントガラス寄りに配置されたダクトは一見するとエンジンルームの熱を抜くためのものに見えるが、実は逆で、ここからフレッシュエアをエンジンルーム内に引き込んでいる。

 

 

そしてインテリアに目を向けるとバケットシートとステアリング、フロアマット、シフトノブは専用品が装着されているのが分かる。特に無限のイメージキャラクターがデザインされバケットシートは、ホールド性もかなり高そうだ。

 

 

エンジンは現時点でも吸排気チューニングとECUの最適化が行われているというが、最終的な仕様はまだ検討中とのこと。グランドツーリング性能を高めるために、より一層のパワーアップを目指すことが予想される。

 

 

 

サスペンションはZF社製の2WAY2アジャストダンパーが採用され、アダプティブダンパーシステムはキャンセルされるもよう。ホイールは切削鍛造の“MDCF”の20インチだがフロントが9.0J、リヤ8.5Jとリム幅が変化しているのが特徴だ。

 

 

『お察しの通り、RC20GTはコンセプトモデルから市販化を前提としたプロジェクトへと進化しました。とはいえ、現時点ではエンジン仕様の詳細などが未定のため、ハッキリとした発売開始時期や価格については申し上げることができない状態なのです。ただし、RC20GTは実走行テストも行いながら着実に進化を続けているので、必ずやファンの皆さんの期待にお応えできる1台になります』とのこと。開発チームは無限のレースチームを率いてきた安井氏をはじめ、本物のレースエンジニアたちが担当しているというのが凄い。

 

販売方法に関しては、FD2をベースとした無限RRのようにコンプリートカーとして発売するのではなく車両を指定工場に持ち込んでパーツを装着するという特殊な方法を採用するかもしれないということ。どうやらFK8は英国生産のため、新車製造ラインでのパーツ組み付けに困難が予想されるというのがその理由だ。

 

 

我々の目からは現時点でもかなりの完成度に見えるが、歴史に残る究極の1台となるためにはまだ細部を煮詰める必要があるという。デビューまではもう少し時間がかかるかもしれないが、ここまで妥協を許さず開発される究極のマシンがストリートに姿を見せてくれる日が今から楽しみで仕方ない。

 

取材協力:M-TEC 無限