ビート(PP1)に遠心式スーパーチャージャーをドッキング! 8000rpmを超えてもパワーが追従する絶品フィール! | web option(ウェブ オプション)

ビート(PP1)に遠心式スーパーチャージャーをドッキング! 8000rpmを超えてもパワーが追従する絶品フィール!

E07AエンジンにGTS4015HPをセット! 50%近いパワーアップを達成!

 

カウンタープーリーを設けて逆回転クランクに対応させる

 

PP1型ビートのデビュー当時、ボルトオンターボチューンを手がけた実績のあるエスプリ。今回もオーナーのリクエストによって過給機チューンでいくことは決まっていたけど「エンジンルームに走行風が入りにくく、しかも抜けにくいリヤミッドシップ車では、ターボ装着による熱害の影響が大きくてトラブルの原因にもなりかねない。そんなとき、HKSのGTスーパーチャージャーに良さそうなサイズを見つけて。じゃあ、それを使ってみようとなったわけ」と、エスプリ前川代表。

 

 

選ばれたのはGTスーパーチャージャーシリーズ中、最小サイズとなるGTS4015HP。すでにGTS8550を軸としたJZA80(2JZ-GE)用キットを完成させ、ワンオフでUCF30(3UZ-FE)への装着も行っているエスプリでは、今回のビートスーパーチャージャー仕様の製作は、軽自動車とHKS GTスーパーチャージャーのマッチングをテストする…という意味合いもあった。

 

 

ところが、いきなり大きな問題に直面。ビートに搭載されるE07A型エンジンは、クランクシャフトの回転方向がほかの一般的なエンジンとは逆なのだ。つまり、クランクプーリーとスーパーチャージャープーリーを同一線上に配置したのでは、スーパーチャージャーが逆回転してしまうから過給できない。

 

 

そこで、両端にプーリーを設けたカウンターシャフトを追加。その上で、クランクプーリーとスーパーチャージャープーリーが背中あわせになるようにGTS4015HPをセットすることで、クランクシャフトとは逆回転(正転)でのスーパーチャージャー駆動を実現しているのだ。

 

 

ちなみに、エンジン本体はフルノーマルで、インジェクターの容量アップ(NSX純正を流用)とF-CON iSによる制御が変更点。プーリー径によって最大ブースト圧は0.45キロに設定され、ノーマルの実測58psから86psへと50%近いパワーアップを果たしている。

 

 

右リヤサスペンション付近に装着されるのはスーパーチャージャーのトラクションオイル用クーラー。HKS GTスーパーチャージャーは、ターボのようにエンジンオイルで軸受けを潤滑&冷却する必要がないため、エンジンオイルに対する熱的な攻撃が皆無というのが大きなメリットのひとつだ。

 

 

リヤオーバーハングに吊り下げられたインタークーラーはCR-Z用GTスーパーチャージャーキットのモノを流用。マフラーはビート用オリジナルパーツを取りあつかうS,S,I製が装着される。とても軽自動車とは思えない爆音系のエキゾーストサウンドが刺激的だ。

 

前川代表いわく「排気量が660ccしかないエンジンでスーパーチャージャーを駆動するとなると、結構パワーを食われるんやないか? と思ってたけど、全く問題なかった。特性も、4000rpmからの伸びが気持ちよくて8000rpmを超えても頭打ち感はないよ」とのこと。

 

今後、段階的にパワーアップを図ると同時にエンジン本体のチューニングも進めていくとのことだけど、GTスーパーチャージャーの可能性がまたひとつ見えたことが大きな収穫と言えるだろう。

 

取材協力:エスプリ