「ミッドナイトS130Z」 最高速シーンの最前線を駆け抜けてきた生きる伝説の正体とは? | web option(ウェブ オプション)

「ミッドナイトS130Z」 最高速シーンの最前線を駆け抜けてきた生きる伝説の正体とは?

東名、湾岸、谷田部…日本の最高速シーンを走り続けたS130Z

 

圧巻のパワーを誇るL28改3.1Lフルチューンを搭載

 

東名、湾岸というストリートステージから谷田部まで、数々のチューンドマシンが最高速シーンを駆け抜けてきた。そのなかで、当時の面影を色濃く残したまま、いまだに熱くたぎるオーナーの思いとともに、第一線への復帰を虎視眈々と狙うマシンがある。伝説の湾岸最高速チーム「ミッドナイト」のフェアレディZだ。

 

 

ベースは1978年式の280Z-T。もう40年以上も前のクルマなのに、そうと感じさせないのは、純粋に速さを追求し、つねに最高速の世界でトップランナーとして走りつづけてきた本物のチューンドカーだからだ。ABRのエアロをまとった攻撃的なルックスだけに留まらず、もっと根本的な部分…間近に接すれば、だれもが「雰囲気からして只者じゃない」と、思うに違いない。ミッドナイトS130Zは、そういう1台だ。

 

 

かつてL28改3.1LにK26タービンをツインで装着していたエンジンは、現オーナーの手元にやってくると同時に仕様変更。腰下にHKS89φピストン、L20用コンロッド、LD28用を加工したフルカウンターシャフトが組まれた。一方ヘッドにはポート研磨や燃焼室加工など、メカフルチューンなみの作業が行われ、ABRオリジナルカムシャフトが組みこまれる。タービンもK26に代えてIHI RHC6 VX55がセットされた。

 

その後、エンジン性能を引き出すために制御系も一新。それまではレビックで追加インジェクターを制御していたのに対して、モーテックM4によって720ccメインインジェクターを制御する方式へと改められた。

 

また、駆動系はOS技研トリプルプレートクラッチにZ31 300ZX用ボルグワーナー5速MT、ABRオリジナルR200デフ(ファイナル比3.545)などで強化されている。

 

 

オーナーいわく「追加インジェクター仕様の時は始動性があまり良くなく、まずエンジンに火を入れることがひとつの“儀式”でしたし、エンジン特性も中回転域からパワーが盛りあがってきて、上でいきなり炸裂する典型的なドッカンターボでした。制御系に手を加えたのは、トップエンドの1km/hよりも中間加速を重視したからです。結果的には、始動性も低回転域でのカブリも改善されたので、速さだけでなく、かなり乗りやすくもなりましたよ」とのこと。

 

この仕様での推定出力は最大ブースト圧1.0キロで680ps。L型エンジンがチューニングに対してバツグンの適応力を持っていることがよく分かる。

 

必要に応じて、各部のアップデートを図ることでいまだに進化しつづけるS130Z。最高速シーンで持てるチカラを解き放つのは、そう遠い未来のことではなさそうだ。

 

TEXT:Kentaro HIROSHIMA

 

ヘッドカバーが赤く結晶塗装されたL28改3.1L仕様。吸排気がターンフロー式のため、運転席側はスッキリしている。一方、助手席側にはウェーバースロットルやABRオリジナルサージタンク、新たに引き直されたフューエルデリバリーパイプなどがカクニンでき、その下にABRオリジナル45φEXマニを介して2基のIHI RHC6タービンがセットされる。

 

パワーに合わせて冷却系の容量アップも抜かりナシ。インタークーラーはトラスト3層で、コアを上下に分割したツインエントリー式を採用する。また、アルミ4層ラジエターによって水温の安定化も実現している。

 

マフラーはABR細木エンジニアリングのオリジナルステンレス製に交換。メインパイプ径は100φで、高回転域における排気効率を徹底的に追求した設計だ。

 

スピードメーターは300km/hフルスケールに交換、タコメーターは1万rpmスケールのBNR32用が流用される。また、各種追加メーターはダッシュパネル中央とセンターコンソールにインストール。ノーマルの雰囲気をいかしながら、機能的に仕上げられている。

 

ホイール&タイヤは17インチ。フロント8J、リヤ9JのパナスポーツC8Sに、215/45、245/40サイズのポテンザRE-01が組みあわされる。足まわりは、最高速向きのセッティングが施されたABRオリジナル全長調整式車高調+ベステックス製スプリング。また、ブレーキはフロントMA70レース用ローター改、リヤBNR32用ローター改に、BNR32キャリパー改がセットされる。