新型GRスープラがドリフト! D1お台場参戦に向けて進むメイキング | web option(ウェブ オプション)

新型GRスープラがドリフト! D1お台場参戦に向けて進むメイキング

ドリ車スープラお披露目は、D1GPお台場に違いない! しかも1台だけじゃない!?

 

 
2月某日、富士スピードウェイ・ドリフトコースを封鎖して行われたビデオオプションの極秘撮影現場に現れたのはGRスープラ。

 

そして試乗ドライバーとして呼ばれていたのは、ごぞんじ飯田アキラだ。

 

アキラはすでに何度か試乗する機会があったこともあり、慣れたようすで運転席に乗り込むと、1周のウォーミングアップのあと、いきなり白煙とスキール音をあげながらドリフト走行を開始!!
 
340psを発揮するという3L直6エンジンサウンドを響かせながら、徐々に煙の量を増していく。

 

 

降りてきたアキラいわく「クルマの素性がすごくいいね! 電子制御もカンタンに切れちゃうしさ。でも、ドリ車としてはもうちょっと切れ角が欲しいかなぁ」とのこと。
 

新型スープラが早くも全バラに!

そして走行撮影の直後、このスープラはとあるガレージへと運ばれ、あれよあれよという間にバラバラに…。どうやらすでに用意されていたパーツを組み込み、競技車両としてメイキングがスタートするようだ。

 

 

こんなに急いでいるということは、なにか明確な目標というかターゲットステージが決まっていることは明白。そもそも、ビデオオプションが関わっている時点で…D1GPで間違いでしょう!? 

 

 

3/23&24にお台場で開催されるD1グランプリのエキジビションイベント『MONSTER ENERGY presentsD1GP オールスター シュートアウト』に、はたして新型スープラのドリフトマシンは間に合うのか?

 

そして、いったいどんなカラーリングで、だれがステアリングを握るのか?

 

ちなみに、すでにモンスターエナジー×斎藤太吾がGRスープラでの参戦を表明しているが、この写真をよく見るとタイヤ&ホイールの組み合わせが異なる…。ということは、モンスターエナジー×斎藤太吾のマシン以外にも、ドリフト仕様の新型スープラが登場する可能性が濃厚だ。つまり、3/23&24のお台場で世界初となる新型スープラのツインドリフトを拝める可能性も!?

 

おそらく、お台場開催までに何らかの告知がアップされるはずなので、D1GPのホームページやYouTubeのビデオオプション・チャンネルに注目だ! なんとチケットは立ち見エリアなら前売り1900円からだから、売り切れてしまう前に購入しておくのが得策かも!?
 
D1グランプリの公式ウェブサイトはこちら>>

 

ウェブオプションでは今後も動向をリアルタイムで公開していくので、ぜひこまめにチェックしてほしい。
 
photo:Mitsuru Kotake
 

 

 

このマシンが装着していたタイヤはトーヨーのプロクセスR888Rだった。また、ホイールはなんと19インチのボルクレーシングTE037。レイズ山口さんいわく「海外ではP.C.D.112が主流となりつつありますから、対応する準備は当然整っていますよ」とのこと。

 

極秘裏に手に入れた写真を見ると、すでにチューニングパーツも装着されているのがわかる。バラしてみてわかった特徴やポイントは、ウェブオプションでも紹介していく予定だ。