トップチューナーが語る「大人のチューンドAE86」の作り方 by テクノプロスピリッツ | web option(ウェブ オプション)

トップチューナーが語る「大人のチューンドAE86」の作り方 by テクノプロスピリッツ

意味のあるパーツチョイスでイージーに普段乗りを楽しもう!

 

やり過ぎない大人なチューンドAE86を目指した1台

 

「このハチロクはサーキット仕様ではない“峠”仕様かな。だから快適装備を残して、外装もハデにはしてない。あと、乗るためにあのスイッチを入れて、これをしないといけないとか、煩わしいことをしなくても気軽に乗れる工夫をしているよ」。そう語るのは、ハチロクをはじめとするライトウエイトスポーツのチューニングを得意とするテクノプロスピリッツ熊倉さん。

 

 

続けて「エンジンは4連スロットルにハイカムを入れて200psくらい出ているNAフルチューンなんだけど、エアコンは付いているよ。ただ4連スロットルでエアコンを使うと、吸気の脈動でアイドリングが安定しなくなるから、バキューム圧を貯めて脈動を消すためのタンクを取り付けるなどの工夫をしている。これってサーキット仕様ではやらないことだよね」。

 

 

ハチロクで速さを追求する場合、いかにフリクションロスを低減するかが重要だ。そのため、突き詰めたサーキットスペックなら電動ファン化して抵抗を減らしたりするわけだが、電動ファンの操作をスイッチで行う煩わしさはストリートには向かない。だから、ビスカスカップリングのままというわけだ。

 

 

一方、足まわりについては「車高調と強化ブッシュにするっていうことが大切。路面状況の変化が判りやすくなるし、コーナーを攻める楽しさが出る。ここもサーキット仕様ならフルピロにするところだけど、路面のうねりや大きなギャップがある公道では適度な逃げがある強化ブッシュが最適なんだ」と熊倉さん。

 

 

駆動系も同じ考え方だ。ハチロクはクロスミッションが定番だが、ただクロス化しただけでは、走りは抜群に楽しくなるが高速道路などでの快適性は損なわれる。そのため、この車両はクロス化と同時にファイナルギヤを4.5に変えているのだ。つまり、全体的にギヤ比を下げ、トルクバンドをキープしやすくして高速道路でもギリギリ許せる回転数で巡航できるようにしているというわけ。

 

ハチロクのチューニングはどうしてもやりすぎ傾向にあるが、“普段乗り”を前提とするならば、この仕様はまさに理想的な大人のチューンドハチロクと言えるのではないだろうか。

 

取材協力:テクノプロスピリッツ

 

カナードやGTウイング、アンダーボードといったサーキットで主流となっているエアロパーツは皆無。ストリートにも違和感なく馴染むようなルックスが拘りのひとつ。空力によるダウンフォースが得られない分は、足回りでメカニカルグリップを稼いでいる。

 

排気量は高回転まで気持ちよく回るようにするため、あえて1.6Lのまま。最高出力は約200ps。4連スロットルに加え304度というハイカムを入れているが、フリーダムコンピュータならアイドリングは安定するという。さらに、4連スロットルの下から伸びる赤いホースの先に負圧のコレクタータンクを設置して吸気の脈動をカット。これによってエアコンを入れてもアイドリングは乱れず、ブレーキのブースターも正常に機能する。

 

車高調はトキコ製のショックをベースにしたテクノプロスピリッツオリジナル。スプリングレートはF8kg/mm、R6kg/mm程度が乗りやすさと走行性能のバランスに優れているそう。また、足回りではブッシュの強化も平行して実施したい。特にリヤのリンク類のブッシュを強化品に交換することで、路面のアンジュレーションをつかみ取りやすくなり、クルマをコントロールする楽しさが出てくる。

 

ファイナルギヤのローギヤード化によるダッシュ力強化に加えて、さらにコースへの適応度を高めるのがタイヤ外径による微調整。このレベルのローギヤード化なら高速巡航での回転数も許容範囲内に収まるのだ。タイヤはコストパフォーマンスに優れたディレッザZⅢをチョイス。

 

フルチューンのNAエンジンを搭載するとなると電動ファン化が定番チューンとも思える。しかし、スイッチを手動で動かす必要があるなど煩わしい面もある。そのため、ストリート仕様の場合は純正のカップリングファンを使って快適性を優先したメイキングが行われている。

 

ブレーキはパッド交換のみで問題ない。スポーツ走行まで想定するならプロジェクトμ製のローター適正温度が高いアイテムがおすすめとのこと。

 

エアコンもオーディオも内装もきちんと残っていて、もちろんすべてが機能する。センターコンソール脇に貼り付けてあるブリッド製のニーパッドは、適切なドラポジをキープするための峠仕様では定番アイテムだ。

 

スペック

■エンジン:テクノプロスピリッツ AE101流用4連スロットル、燃焼室&ポート加工、60φステンレスストレートマフラー、ラジエター/戸田レーシング エキマニ、82φピストン、コンロッド/AE101クランク、AE92 S/C燃料ポンプ/E&E フリーダムコンピュータ/サード 327ccインジェクター/トラスト オイルクーラー

■ドライブトレイン:テクノプロスピリッツ クラッチ、4.5ファイナル/TRD LSD

■サスペンション:テクノプロスピリッツ車高調(F8kg/mm R6kg/mm)/TRD強化ブッシュ

■ブレーキ:プロジェクトμ MAX900パッド

■ホイール:ボルクレーシングTE37V(8.5J×15)

■タイヤ:ディレッツァZIII(205/50R15)