【粟野如月コラム】速すぎてビックリ! レース入門マシン「VITA(ヴィータ)」に試乗【KISA’s DRIFT LIFE vol.10】

公開日 : 2019/03/01 12:00 最終更新日 : 2019/05/29 20:03

AUTHOR :

“VITA”に試乗させていただきました!本格的なレーシングカーでありながら低コストでの維持が可能。レース入門に打ってつけだというこのマシンの特徴を私なりに調べて見ました!

 

VITA(ヴィータ)とは!?

 

 

2017年、女性だけのVITAワンメイクレースシリーズ『競争女子(KYOJO CUP)』が誕生しました。

 

私がVITAを知ったのはこの競争女子からですが、マシンの誕生は2010年。いまでは全国各地でVITAによるレースが数多く開催されています。

 

名前は聞いたことあるけど詳しくはまだ知らない、という方も多いかもしれませんね。先月までは私もそのひとりでした。

 

 

VITAはWESTレーシングカーズが開発したオリジナルレーシングカー。エンジンはTOYOTA Vit’zとおなじ1NZ-FE(1500cc)。てことはそんなに速くないの?と思いきや車両重量約530kgで最高速度は200km/hオーバー!は、はやい!

 

でもなぜこのマシンがレース入門に打ってつけなのか?それは安全性です。

 

 

普段箱車に乗っている私からすると、オープンカーである以上安全なんてそんな…と思っていましたが、サイドはアルミ、前後は鉄のバーでコックピットがしっかり守られています。さらにステアリング前の補強バーとドライバー後ろの大型ロールバーで、仮に横転しても頭がしっかり守られる構造になっているのです。これだけ丈夫なことを知っているのと知らないのとでは全然見方が変わってきますね。

 

さらにこのマシン、新車で約300万円ほど。この金額でレースがはじめられるのもVITAの魅力のひとつです。

 

コースイン

 

 

フォーミュラカー初走行!さらにVITAは右シフトなのではじめてのことだらけでしたが、車重は軽くてもボディは大きいので思ったよりも安定していて、あまり恐怖心なく走れました。ただ音や振動がダイレクトな上に風も直接当たるので、体感速度には慣れが必要ですね。

 

今回は20分のみの走行でしたが、もっともっと走ってみたい! 箱車とはまたちがう奥の深さや魅力を感じることができました。

 

 

今回Raise Up吉田さん、そしてD.D.R瀧井さんにお世話になり試乗させていただくことができました。おなじモータースポーツでもまったく別の世界なのでとても貴重な体験をさせていただきました。

 

ほかのカテゴリーは見ているだけでもとても刺激になります。今年はいろいろレースも見に行ってみたいな♪

 

ありがとうございました!

 

▶︎CAMPFIRE

『粟野如月2019年レース活動応援プロジェクト』開催中!

https://camp-fire.jp/projects/view/107925

 

D1 LADIES LEAGUE driver♥︎粟野如月official blog

Twitter

INSTAGRAM