衝撃のRB30改3.3Lユニット搭載! 300キロからでも加速する究極のBNR34ストリートスペック | web option(ウェブ オプション)

衝撃のRB30改3.3Lユニット搭載! 300キロからでも加速する究極のBNR34ストリートスペック

RB3.3LにTO4Zタービン+Vカム+NOSまで投入!

 

輸出用のRB30ブロックをさらに排気量アップ!

 

かつてはGT-Rチューンの名門「オーテックツカダ」チューンのBNR32(2.8L仕様)でサーキットを走り回っていたオーナーだったが、仕事の都合で引退。それを機にBNR34へと乗り替えるも、どうにも楽しくない。そこで再びオーテックツカダへとチューニングを依頼するわけだが、その時に出したオーダーは3つ。

 

 

「2.8L仕様のBNR32とおなじようなアクセルのツキとパワー感を得られること」「軽量化はしない」「燃料ポンプの作動音やマフラーなどをうるさくしない」である。

 

 

これらすべての条件を満たせる仕様として塚田サンが出した解答は、RB30をベースに3.3L化し、HKSのVカムやNXシステムを使って、どの回転域からでも瞬時に加速できる究極のRBエンジンだった。

 

 

さらに、このパワートレインに加え、エクステリアはオーナーの本業でもあるデザイナーとしてのセンスによって選び出されたエアロパーツやホイールを装着。塗装もブルーメタリックとブラックを塗りわけ、塚田さんも認める究極のBNR34が完成した。

 

 

「オーナーからの希望がとっても欲張りだったから、かなり大がかりなメニューになっちゃった。でも、オーナーも満足してくれているし、それをキチンと乗りこなしてくれているからウレシイよ。なにしろ、ウデもイイしさ」とオーテック塚田の塚田代表。

 

古くから付きあっている馴染みのお客さんのために、オーテックツカダがキッチリと作り込んだ1台。まさに看板マシンと呼ぶに相応しい仕上がりを見せているのが、このBNR34なのだ。

 

取材協力:オーテックツカダ

 

心臓部はRB30ブロックをベースにした3.3L仕様にTO4Zタービンを組み合わせ、Vカムでの可変バルタイ化も慣行。6速3000romからでもアクセルを踏めば即加速に入れる超弩級の低回転トルクが特徴だ。ちなみに発生トルクは最大80kgmと強烈。

 

ボディのカラーリングと合わせるように、シートや内装の革、カーボンパネルをロブソンレザーにて張り替えている。室内の静かさにもこだわっていて、燃料ポンプの音が室内へ入ってこないようにカスタム。オーディオやナビ、TVが高速走行中でも問題なく聞こえるのだ。

 

排気量アップやVカムによって低回転のトルクはアップされているものの、ターボラグを徹底的に消すためNXシステムを装着。トランク内のボンベは実用性を損なわないように内装を残しながら装着しているところがポイントだ。

 

オーテックツカダのオリジナル車高調“仙脚”は、このクルマによって仕上げられたといってもイイ。ストリートで快適に乗れて、サーキットはあくまでもストリートの延長という仕上がり。またニスモの強化ブッシュにオーテックツカダのブッシュカラーを装着。BCNR33のテンションロッドとロアアームを装着するなど、細かいサスペンションチューンも行われている。

 

オーナーのこだわりがヒシヒシと伝わってくるエアロ、ホイール、車高のバランス。細かな部分ではリヤウイングの高さや配色。フロントリップの塗りわけやエアロの内側の処理、インタークーラーのコアサイズや塗装など、ちょっとしたポイントを妥協なくパーツセレクトや調整、塗装を行っているそうだ。

 

スペック

エンジン:RB26DETT改3.3L(650ps)/RB30ブロック改/HKS TO4Zタービン/レーシングウエストゲート/88φピストン改/コンロッド/90mmストローククランク/強化ヘッドボルト改/F-CON Vプロ/NISMO燃料ポンプ×2/ATTKDエアクリーナー(エアフロレス仕様)/フロントパイプ/美響マフラー

駆動系:ATSカーボントリプルクラッチ

サスペンション:ATTKD仙脚スペシャル車高調(F14kg/mm R12kg/mm)

ブレーキ:エンドレス6ポッドキャリパーキット

ホイール:ボルクレーシングGT-A限定

タイヤ:ポテンザS-03(275/30-19)

エクステリア:GPスポーツフロントバンパー/NISMOサイドステップ、リヤバンパー、ドライカーボンボンネット/トップシークレット リップスポイラー/ノーマル+スーペリア リヤウイング 他