フジタエンジニアリングの技術力が詰め込まれた大人の超速巡航RX-7! | web option(ウェブ オプション)

フジタエンジニアリングの技術力が詰め込まれた大人の超速巡航RX-7!

GT2835Rツインターボで600馬力を誇る真紅のFD3S

 

サイドポート+ツインターボは純正タービンに迫る扱いやすさ!

 

藤田エンジニアリングが開発したオリジナルボディキット「AFFLUX ver.V」で身を包む真紅のFD3S。

 

 

新車時代から1オーナーというこのクルマの走行距離は、なんと30万キロ。確かにクルマは走ってナンボのものではあるが、普通に考えればクルマとしての性能を維持するための限界をとうに超えていてもおかしくない。

 

しかし、定期的なフルメンテナンスを繰り返したこのFD3Sからは過走行の疲れ感のようなものは微塵も感じられない。それだけオーナーから愛着と手間をかけられ、維持されてきたということなのだろう。

 

 

美しいエクステリアに負けじとパワースペックもかなりのものだ。フジタエンジニアリングでエンジンのオーバーホールを行なった際に、仕様を高速クルーズ方向へとシフト。TO4Rシングルターボ仕様からGT2835Rツインターボ仕様へと大きく変更された。

 

 

エンジン内部は藤田エンジニアリングオリジナルのサイドポート(バージョン5)で、この組み合わせは非常にマッチングが良い。純正タービンですら起こりえるサージングも皆無に等しく、低速域からレスポンスが良く、しかもピークパワーまで狙っていけるものになるという。

 

ちなみに、高速クルーズ仕様といってもどこかの定まったステージを極めるのではなく、ロングツーリングなどを楽しみながら条件が合えば最高速トライアルを楽しむというタイプ。大人の超速ツーリングマシンといったところだ。

 

取材協力:フジタエンジニアリング

 

スぺック

13B-REW改600ps(最大ブースト圧1.3キロ/通常ブースト圧1.2キロ) HKS GT2835R×2 FEEDオリジナルサイドポート/EXマニ/スロットルアダプター/インタークーラー/チタンマフラー(メイン94φ) アペックス パワーFC 強化リビルトミッション アフラックス バージョンVボディキット アドバンRS-Dホイール(F 10J-20+20 R10.5J-20+25)他

 

最大ブースト圧時に600psを発生しながらも、ノーマルタービン車並に扱いやすいのがGT2835ツイン仕様の特徴だという。通常ブースト圧は1.2キロで約550ps、スクランブルブースト時に1.3キロをかけることでピークパワーを発生する。エンジンの制御はパワーFCによるものだ。

 

縦に2機配置されたGT2835タービン。排気まわりのレイアウトスペースが乏しく熱もこもりがちなため、遮熱などには最大限の気を配って製作されている。

 

吸気系はスロットルアダプターとビッグスロットルによって吸入空気がスムーズにエンジンヘと向かうようにチューニング。

 

車幅が約100mmも広がるアフラックス・バージョンVエアロキット。製作には大きな手間と費用のかかるものだが、今でもオーダーが入り年に数台づつ増えているという。

 

ワイドボディ化されているので意外と気付きにくいが、なんとホイールは20インチ。ルックス的にはもう少し車高を落としたいところだが、実用的には…と悩んでいるところ。

 

ライトケース内やディフューザー部などボディ各部のアクセントとして、カーボンシートがあしらわれ、ルックスを引き締めている。細かな部分ではタイヤハウスの周辺部もカーボンルックになっている。

 

ロールケージは溶接留め加え、ピラーなどにガゼットで固定されボディ剛性を大幅にアップ。軽量化に向けてフロントガラスにはスピードグラスが採用された。単なるドレスアップ仕様とは作りが根本から違うのだ。

 

ボディカラーとコーディネイトされたFEEDのフルスケールスピードメーターの他、多くの追加メーターを装備。ステアリングに設置されたスイッチはスクランブルブースト用だ。