86&BRZ全年式に対応する本格的スポーツ志向の S-CRAFT渾身チューナーズエアロパーツ | web option(ウェブ オプション)

86&BRZ全年式に対応する本格的スポーツ志向の S-CRAFT渾身チューナーズエアロパーツ

86&BRZの前期から後期にまで対応する高機能エアロ

 

エアロのワンオフ加工&製作にも完全対応

 

エアロパーツからワンオフ品、さらにラリーレプリカまでスバル車中心のボディパーツを扱うエスクラフト。そんな同メーカーが86&BRZを手がけるにあたって掲げたコンセプトは「スポーツ性の向上」だ。

 

これまで前期モデルに対しては、BRZ用リップスポイラーとノーズカバー、86&BRZに対応するフルバンパーといったラインアップを揃えていたが、新たに後期BRZに対応するリップスポイラーを追加。もともとスバル車に対するエアロパーツを得意とするエアロブランドのため、マイナーチェンジによってバンパーの意匠が変更されたBRZに対しても積極的にパーツ開発を展開したのだ。

 

 

後期用に開発されたリップスポイラーは、人気のアンダーパネルをモチーフにするシンプルな形状。視覚的な違いを表現するだけでなく、走行風の整流やダウンフォースのコントロールも考えられた作りとなっている。ドライカーボンとFRPから素材を選択できるバリエーションは、前期モデル同様により多彩なニーズに合わせたラインアップといえる。また、純正のナンバーブラケットを隠すノーズカバーも後期用にリニューアル。こちらもドライカーボンとFRPの2種類を用意し、リップスポイラーとのコーディネイトが楽しめる商品展開を行っている。

 

 

なお、エスクラフトはユーザーひとりひとりのスタイリングに対する思いを大切にしている。そのため、ただエアロパーツを販売するだけではなく、製品化されていないアンダーパネルやカナードのワンオフ製作や、さらには既存製品の形状変更なども受け付けている。

 

「カタチは好きだけどココにダクトが欲しいとか、もうちょっとフロントにダウンフォースがあれば…など、エクステリアに関する個々の悩みを解決したいんですよね。ファッションと同じです。既製品に満足できない方々は、特別な場所でオーダーメイドを選びます。そうした存在でありたいですよね」とは、エスクラフト代表の宇山さん。

 

そう、エスクラフトはまさにスタイリングアプローチで悩む86/BRZユーザーたちの“お助け小屋”なのである。

 

取材協力:エスクラフト

 

SUBARU BRZ KOUKI AERO PARTS

フロントリップスポイラー(BRZ後期):4万円(ドライカーボン)/2万7000円(FRP) ノーズカバー(BRZ後期):4万円(ドライカーボン)/1万8000円(FRP) サイドステップ:6万円 ドライカーボンボンネット:18万円 マッドガード:2万8000円 リヤウイング:5万8000円(カーボン水平翼仕様は6万5000円) 追加メーターパネル:1万9000円(ドライカーボン)/1万5000円(FRP) ※フロントリップ&ノーズカバー以外は86にも対応。

 

サイドステップは従来からある製品を組み合わせる。もちろんフロントリップ開発時には既存パーツとの相性も考えられているため、組み合わせても違和感は一切なし。

 

排熱性を重視したオリジナルボンネットは、表面にドライカーボンを使用することで軽量化とスタイリングに効果を発揮。裏面にはグラスファイバーを利用することでコストを抑えているのも特徴。雨水の侵入を防ぐ付属のダクトカバーはドライバー1本で脱着可能な優れもの。

 

スポーツカーらしい派手さの演出には欠かせないリヤウイングは、GDBG純正をモチーフにした立体的な造形を採用。素材はFRPに加え水平翼をカーボンに変更したバリエーションも用意。よりスポーティな装いも可能となっている。

 

純正バンパーを活用しながらリヤボトムのボリューム感をアップするマッドガードは、手軽に取り入れられるちょい足しアイテムの決定版。サイドステップからのボトムラインを受け継ぐことで、スタイリングをまとめてくれる。

 

助手席のダッシュボードにメーターを埋め込むための追加パネルは、チューニングユーザーには必見のアイテム。60φのメーターを3連装着可能なうえ、視認性を高める角度の適正化や反射防止のひさしもデザインされている。

 

全年式対応のフルバンパータイプもスタンバイ!

 

すでにラインアップされているフルバンパータイプは、単なる派手に飾るためのドレスアップパーツではなく、性能にまでしっかりとこだわった作り込みが行われている。冷却効率の向上に加え過給器を装着してインタークーラーを前置きにするなど、ハードなチューニングにも対応させるため、前面に大型のエアインテークダクトをデザインとして採用。

 

 

さらに両サイドにもインテークを設けることで、オイルクーラーを追加してもしっかりと走行風を当てられるよう設計。これらのデザインも机上論だけではなく、デモカーにスーパーチャージャーを搭載し、導風から冷却効果までしっかり検証されていることも専門メーカーならではのこだわりなのである。

 

 

またリヤウイングはエスクラフト製ウイングに追加することで、GTウイングへと換装できるオプションウイングを組み合わせている。サーキットで十分なパフォーマンスが得られるフォルムへと進化可能な充実ラインアップだ。

 

FULL BUMPER &GT-DRY PARTS

フロントバンパー:7万8000円 リヤバンパー:7万6000円 フェンダーダクト:3万円(カーボン)/2万2000円(FRP) オプションウイング:7万5000円