「頭文字D」の影響を受けたクルマ好きはアメリカにもいた! カルフォルニア発のRX-7改JDM仕様! | web option(ウェブ オプション)

「頭文字D」の影響を受けたクルマ好きはアメリカにもいた! カルフォルニア発のRX-7改JDM仕様!

日本のカルチャーに影響を受けまくったアメリカン・カーガイのFD3S改造物語

 

見る者を一瞬で魅了する戦闘的エアロフォルム

 

カリフォルニア州ロングビーチ出身のジョニー・グルンワルドは、日本のチューニング文化から強い影響を受けた、ひとりのカーガイだ。免許取得の適齢期に、英語の字幕付きで放送されていたアニメ『頭文字D』を観て、ドリフトやチューニングの世界へ興味を募らせていった。

 

 

高校を卒業し、いよいよクルマを買おうと決意した頃、まわりではランエボやインプレッサがもてはやされていた。だが、ジョニーが選んだのは、『頭文字D』にも登場したFD3S型RX-7。一度ハマると抜け出せないロータリー中毒にすぐさま侵され、エンジンはこれまでに二度も交換。人生初のクルマが、いまなお所有する唯一の愛車である。

 

大きな転機が訪れたのは、アメリカで日本製のエアロパーツなどを販売している『Bulletproof Automotive(ブレットプルーフ・オートモーティブ)』に勤めていたときのこと。当時から親交のあった日本のエアロチューナー、TCPマジックの川戸さんから、SEMAショーに出展するため車両を提供してもらえないかと打診を受けたのだ。

 

 

TCPマジックと言えば、長年に渡ってスーパー耐久やD1グランプリに参戦し、現在はフォーミュラ・ドリフト ジャパンに参戦している名うてのチーム・コンストラクター。4ローターターボのRX-7で知られ、ドライバーにニュージーランド出身のマッド・マイク選手を起用していることでも有名だ。

 

そんなRX-7マイスターから思いもかけず白羽の矢を立てられ、しかも全米から選りすぐりのカスタムカーが集結するSEMAに出展できるという夢のような話。魔法にかけられたかのように、ジョニーはもちろん快諾した。だが、その一方で一抹の不安がないわけでもなかった。大事な自分のクルマを提供するなら、ちゃんと納得のいくカタチに仕上げたい。とはいえ、なにせ自分は雇われの身。残念ながら資金も時間も潤沢とは言い難かった。

 

 

そこで一念発起したジョニーは思い切って会社を辞め、自ら会社を起業した。アメリカと日本、そしてタイにおけるモータースポーツ関係のコンサルティングを請け負い、パーツ類の輸出入と販売も手がけるビジネスを始めたのだ。その本業で資金を調達し、同時にひとりのフリーランス・チューナーとして、クルマ作りにも没頭していくこととなる。

 

人一倍の努力とハードワークの甲斐あって、見事にビルドアップされたジョニーのRX-7は、16年のSEMAで鮮烈なデビューを飾った。TCPマジックのエアロを筆頭に、トーヨータイヤやレイズ、HKS、トラスト、パワーハウスアミューズと、綺羅星の如きJDMブランドを身につけた勇姿は、SEMAでも大きな反響を呼んだ。

 

 

そして、日本のチューニング文化をこよなく愛するジョニーには、もうひとつ大きな夢がある。東京オートサロンに愛機を出展することだ。

 

「東京オートサロンこそ、自分にとってナンバーワンのスペシャルイベント。現時点ではまだ確定していないけど、出展できるようにプランが進行中なんだ。SEMAに出る夢は叶ったけど、いまでもやっぱりジャパニーズ・チューニングが世界で一番だと確信してるんだ。もし東京オートサロンに出ることができたら、たくさんの人に見てもらいたい。このOPTION誌を読んでくれたみんなと日本で再会できることを期待しているよ(笑)」

 

日本との出会いで人生を大きく変えた男と、その唯一無二の愛車は、日米のカーカルチャーを橋渡しするアイコンになろうとしている。

 

 

 

13B-REWには、Lucky 7 Racingが手がけたブリッジポート、E&J Autoworksのアペックスシールを採用。タービンはPrecisionの6766H、制御にはオーストラリアのAdaptronic製モジュラーECUを使用して、最高出力は550psをうかがう。

 

Vマウントのインタークーラーとラジエターは、いずれもLucky 7 Racing製。カーボンファイバーのカスタムパイピングが、エンジンルームの雰囲気をレーシーに引き締めている。エキマニはHKS、マフラーはアミューズ、デフカバーはトラストと、適材適所で日米のハイクオリティパーツが採用されているのが印象的だ。

 

ホイールはボルクレーシングTE37SLブラックエディションV2。何を隠そう、このRX-7が履いて2016年のSEMAに出展されたのが、世界初お披露目となった逸品である。スポークに加えられるアクセントカラーは本来ルミナスイエローだが、このRX-7ではイメージカラーに合わせて特注のレッドが採用された。タイヤはトーヨーのプロクセスR888Rを装着する。ブレーキシステムもブレンボのレーシングディビジョンが製作したモノブロックの特注品で、355mmのカーボンコンポジットローターが組み合わせられる。

 

マッド・マイクが駆るフォーミュラDマシン、通称“HUMBULL”と同じ、TCPマジックのワイドボディキットを装着。前後左右のカナード、フェンダー、サイドスカートなどはすべてカーボン製だ。同じくカーボン製のボンネットはチャージスピード、リヤディフューザーはRE雨宮、シャーシマウントの大型リヤウイングはBattle Aero製を備える。

 

内装は11ヵ所に渡ってワンオフのカーボンパネルを使用。ドアトリムにもEvo-R製カーボンパネルが装着されている。レカロ製バケットシートはアルカンターラとダイヤモンドステッチで張り替えが行われ、ナギサオートのシートレールでローマウント。ステアリングホイールはトップシークレットとパーソナルのダブルネームだ。

 

トランクルーム内には、エアカップで3ウェイの車高調整が可能なStance Suspension製コイルオーバー用エアタンクを装備。

 

2018年からは、TCPマジックの商品をアメリカ国内でディストリビュートする『TCPマジックUSA』としても活動をスタートさせるジョニー・グルンワルド。今年のSEMAで、トーヨータイヤ・ブースに出展されるロケットバニー仕様のRX-8も彼のプロジェクトだ。仕事で来日することも多い親日家で、好きな日本食は一蘭のラーメン。

 

スペック

エンジン:13B-REWエンジン/Lucky 7 Racing レーシングブリッジポート、カスタムVマウントインタークーラー&ラジエター、19row デュアルオイルクーラー/Precision 6766Hビレットターボチャージャー(A/R 1.00)/カスタムカーボンインタークーラーパイピング/HKS 13B T4キャストマニホールド、50mmウェイストゲート/AEM IGN-1Aスマートコイル/Injector Dynamics 1000ccプライマリ&2200ccセカンダリインジェクター/Walbro 450lphフューエルポンプ/IRP 高出力オルタネーター/Aftermarket Industries SP400サージタンク/アミューズR1000チタン製エキゾースト/AdaptronicモジュラーFD3Sエンジンマネージメントシステム/Speedster エンジンオイル&アイスラジエターフルード

■駆動系:KAAZ 1.5WAYスーパーQ LSD/4.44ファイナルギヤ/Spec Racing ツインプレートクラッチ、プレッシャープレート、アルミフライホイール

■サスペンション:Stance Suspension GR+3WAYコンペティションコイルオーバー(エクスターナル リザーバー付き)/前後カスタムエアカップキット/Racing Beat 前後スウェイバー/アジャスタブルリヤトーアーム、リヤラテラルリンク/Improved Racing 前後アジャスタブルエンドリンク

ブレーキ:ブレンボレーシング XA5T0 4ピストン モノブロックキャリパーキット、355mm×32mmレーシングローター、ステンレスブレーキライン

■ホイール:レイズ ボルクレーシングTE37SL ブラックエディションV2(F10.5J×18+15 R11.0J×18+18)

■タイヤ:プロクセスR888R(F295/30-18 R315/30-18)

■エクステリア:TCPマジック G-Faceワイドボディキット タイプTT CFバージョン/RE雨宮 プロカーボンリヤディフューザー/Craftsquare カーボンミラー/チャージスピード カーボンフード/R-Magic ヘッドライト/Series 8 RX-7テールライト/Battle Aero V3シャーシマウント1880mmカーボンGTウイング/BMW M4 ミネラルホワイトメタリックペイント

■インテリア:TOP SECRET×パーソナル ステアリング/レカロ Profi SP-G(アルカンターラ ダイヤモンドステッチ リフィニッシュ)/ナギサオート ローシートレール/Defi ブースト計、水温計、油温計、EGTゲージ/トミーカイラ シフトノブ/Evo-R カーボンドアパネル、HVACデリートパネル、シフターコンソールパネル/ワンオフカーボンインテリア