【粟野如月コラム】話題のD1フェラーリの製作現場に行ってみました!【KISA’s DRIFT LIFE vol.9】

公開日 : 2019/02/16 06:30 最終更新日 : 2019/02/16 06:30

AUTHOR :

ついに大阪オートメッセで一般公開された今シーズン最も話題のD1車両フェラーリを製作したMMMに行ってきました!

 

フェラーリF550マラネロ

 

広島にあるショップMMMの代表、三貝さんがチームオーナー。『ドリフト天国』、そして大阪オートメッセで一般公開されましたが、デビューを前にすでに至るところが何度も変更されています。一度キレイに付けたものでも気に入らなければ即変更。”ドリ車”という簡単な言葉では済ませないこだわりの1台。

 

 

さらに、なんとドライバーがいまだ未発表。6月のD1グランプリ開幕戦でのデビューを前に、早くも話題をかっさらっている大注目マシンです。

 

細かい仕様はすでにWeb Option内でも紹介されているのでこちらを見てね!

 

https://option.tokyo/2019/02/11/18821/

 

 

トータルカープロデュースMMM

 

私のクレスタの車高調は去年のD1 Lights最終戦からMMMとDG5の共同開発品をサポートしていただいています。車高調が変わっただけで、明らかに走りが変わったことを実感しました。

 

 

最終戦はホームコースの日光でしたが、大会にシリーズで出ていると普段はほとんど走ることのない全国各地さまざまなサーキットを走ることになります。三貝さんは同じドライバーでもあるので私の気持ちをすごく理解してくれました。

 

自分の実力ももちろん大切だけど、安心して飛び込める、安心して踏める、信じられるクルマであることが1番大切だと。大会遠征はだいたい前々日から現地に入るので、セットアップや練習の時間は限られています。普段車を作るのにはどうしても先入観が邪魔して、さらにシーズン中だと大きな仕様変更はなかなか踏み切れないので、クレスタの進化はあきらかに止まっていたと思います。

 

 

三貝さんはこれまでも数多くのドリ車をセットアップしています。三貝さんのセットアップで、何年も予選不通過のドライバーが追走常連になったのを目の当たりにしてきました。そこで今回三貝さんに、足回りの根本からの見直し、セットアップをお願いすることにしました。どこでも不安なく飛び込める安心感がほしい。

 

 

去年は自分の実力を上げることにばかりに気を取られていたので、三貝さんとの出会いやご縁はこれからの私をもっと成長させてくれる気がします。

 

クレスタがどう産まれ変わるのかドキドキ! 迎えに行くのが本当に楽しみです。

 

▶︎トータルカープロデュースMMM

http://smart.mmm-racing.net

 

▶︎CAMPFIRE

『粟野如月2019年レース活動応援プロジェクト』開催中!

https://camp-fire.jp/projects/view/107925