走りもドレコンもいけるフルチューンRB26搭載の超シャコタン・ジャパン(GC210)! | web option(ウェブ オプション)

走りもドレコンもいけるフルチューンRB26搭載の超シャコタン・ジャパン(GC210)!

ストリート最強を目指した「ニュルスペック・ジャパン」ここにあり!!

 

極低フォルムのGC210にRB26改ニッパチを搭載!

 

最盛期のレースシーンにおけるGC10(ハコスカ)等の大活躍により、国民的なスポーティモデルとして知名度と人気を高めてきたスカイライン。そんな背景から、GC210は“スカイライン・ジャパン”というキャッチフレーズでさっそうと登場。1977年の秋のことだ。

 

 

しかし、デビューモデルの実情は排気ガス規制強化の中、エンジンの開発が進まず旧態依然といた平凡なスペック。シングルカムのNA仕様しか設定されず。新エンジンでツインカム攻勢をかけるトヨタからは“名ばかりのGTは道を開けろ”と、皮肉なキャッチコピーで攻め立てられる始末。

 

 

しかし、1985年のマイナーチェンジで状況は一変。セドリック/グロリア、ブルーバードに続いて日産で3番目のターボモデルを設定し、起死回生がはかられたのだ。

 

当時のターボはピーキーで高回転型、しかしそのブーストフィールが逆に加速感と感じ取られ、クルマ好きの羨望の的となったわけだ。

 

 

そんなGC210をベースにストリート最強の悪ガキスペックを目指したのが、この前期モデルの4ドア丸目4灯にこだわるジャパンだ。

 

 

スタイルは、BNR34のニュルスペックカラーや、究極と言えるほど低い車高が印象的。フェンダーやボンネットのダクト類やGT-R用のエンブレムなどからは、現行の走り屋マシンに引けを取らない気迫が漂う。

 

見ようによっては“ヤン車”の類ではあるが、内容はしっかりとチューニングカーだ。

 

 

L型エンジンを降ろして換装されたのはチューンドRB26。2.8L化+GT-RSツインターボ仕様のエンジンは600psを発生させている。ヘッドカバーが誇らしげにニュルカラーで染められているのも納得だ。

 

段違いにパワーアップしたエンジンに合わせ、ボディ各部もしっかりとスポット増しを敢行。フェンダー周辺部になどを見れば、走りに適したボディに仕上げられていることがよく分かる。

 

 

そして“超”がつくほどのローフォルムは、通常の機械式の車高調に加えてアッパーに調整式エアシリンダーを投入して実現したもの。スキッパーの「エア・マチック」によって、車高は任意に上下できるようになっているのだ。低さに拘るとはいえ、旧車でここまで足回りに手をかけた車両はそうそういないだろう。

 

こうして完成したジャパンの愛称はMスペック・ニュル。ちなみにアルファベットのMは、オーナーの名前“まりお”のMもかけているとのことだ。

 

搭載されたRB26DETTは2.8L化され、内部までひととおり手が入った600ps仕様だ。あくまでストリート仕様ということもあり、低速を重視して選ばれたGT-RSツインターボ。ブースト圧は冷静なときは1.4キロとのこと。

 

エンジンマネージメントはHKSが誇るフルコン、F-CON Vプロを使用する。

 

ストラットタワー周辺のスポット増しを見てもわかるようにボディ各部はエンジンの出力向上に伴って補強が施されている。

 

通常はまさに限界まで下げた“ベタシャコ”スタイルを構築。足回りは機械式車高調整キットに追加でスキッパーのエア・マチック(車高調整シリンダー)を追加。ブレーキは日産のスポーツオプションであったMK63キャリパー。

 

ステアリングはS30Zなど、もう一世代前の車両には定番の“ダットサンコンペ”。シートは深紅のレカロだ。その他、エアコン・オーディオ・ナビ・ETC・メーター類などなど…、快適装備満載。