カルフォルニアのJDMフリークがS14シルビアで表現する70年代レーサースタイル! | web option(ウェブ オプション)

カルフォルニアのJDMフリークがS14シルビアで表現する70年代レーサースタイル!

S14ロケットバニーBossキットを軸に70’sレーサースタイルを表現!

 

JDMの技術で信頼性を獲得したファン垂涎のKA24DE“T”を実現

 

S14シルビアをまるで旧車のように変身させることから、日米を問わず大きな話題となったロケットバニーのS14 Bossキット。発表後には装着車両がSEMAに多く登場し、メディアやSNSなどで注目を浴びたことも記憶に新しい。往年のダットサン・ゴールドで染め抜かれたこちらのS14 240SXも、そんな中の1台。オーナーのロブ・ファーガソンは、子供の頃からクルマへの興味を昂ぶらせ、現在では旧車やJDMもこよなく愛する、生粋の“Auto-Otaku”だ。

 

 

歴代のシルビアは200SXや240SXといった車名で北米でも販売され、フリークの間では“S-Chassis(エス・シャシー)”と総称されている。S14時代の北米仕様は2.4L自然吸気のKA24DEを搭載。多くの日本人にとってシルビアといえばSR20だが、北米仕様には採用されていなかったためSR20へスワップする実例も多く、高回転重視のSR20と高トルク重視のKA24のどちらを好むかは、Sシャシー・ファンの間で定番の話題となっているそうだ。

 

だが、ロブが住むカリフォルニア州に限っては、排ガスやエンジンスワップに対して独自の規制が敷かれているため、SR20への載せ換えは違法となり、当局による取り締まりの対象となってしまう。V8や直6など別のエンジンへの載せ換えという手もあるのだが、KA24DEに愛着を持つロブは、そのターボ化を技術力の高い日本のメーカーに打診することを思いついた。

 

 

ツテを辿って東名パワードのアメリカ法人であるTOMEI POWERD USAにコンタクトを取り、KA24DE向けターボパーツの開発を提案。いつしかTOMEI USAによるKA24DE用パーツの開発は実際にプロジェクト化され、ロブのS14には試作品を含む多くのパーツがインストールされることとなった。

 

そして、ロブのS14にロケットバニーのBossキットが装着される運びとなったのもTOMEI USAの計らいがあってのこと。TOMEI USAによって設けられた、Mr.ロケットバニーことTRA京都・三浦 慶さんとのミーティングの場において、オートモーティブ・アーティストを自認するロブは、自分のS14が「こうなったらカッコいい!」という夢の姿を描いた手書きのイラストを三浦さんに見せたそうだ。

 

 

すると、そのイラストを見て微笑みを浮かべた三浦さんは徐々に大笑いをはじめ、その絵を全員に見せてまわったという。言葉のわからないロブは、なぜ皆がそんなに興奮しているのか事情が飲み込めず、かなりソワソワしたそうだ。

 

三浦さんは「なぜ僕のスケッチを君が持っているんだ?」と訊ねながら、初めてBossキットのデザイン案を描いたコンピュータ・レンダリングを見せてくれたという。そう、ロブが描いたイラストは当時まだ世間に発表される前のBossキットと瓜ふたつだったのである。「まだ誰にも見せたことがない」と、三浦さんも笑顔で驚いていたそうだ。

 

 

お互いのことはよく知らないけれど、同じようにクルマに対するリスペクトを抱く日米のエンスージァストが、知らずのうちに似通ったアイデアをお互いのスケッチに落とし込んでいた事実を、奇跡と呼ばずして何と呼べば良いだろうか…。ロブのS14が今ある姿になったのは、“Auto-Otaku”としてのアイデアと行動力、そして周囲の協力と幸運を呼び寄せる情熱が原動力となったことは間違いない。クルマ好きの愛は国境や言葉の壁を、ときには時空すらも超えることができるのである。

 

PHOTO:Akio HIRANO/TEXT:Hideo KOBAYASHI

 

TOMEI POWERD USAは、SR20DET用としてリリースしているARMS M8270タービンをKA24DEに搭載するにあたり、形状を最適化したエキマニなど、各種パーツを新開発。プロトタイプながらヘッドガスケットやカムシャフトなども組み込まれ、最高出力は450psをマークする。

 

ロブは「TOMEIがKA24DE用ターボパーツを開発してくれることは、世界中のSシャシー・エンスージァストにとって喜ばしいこと。もし将来“S16”が発売されて、値段が高くて手が出ないなんてことになったって、S14をいじって長く遊べるからね」と笑う。インタークーラーの搭載と太いタイヤを履くにあたってエンジンベイのフロント側は一部カットされ、インタークーラーは追加されたチューブラーフレームにマウントされている。

 

ワークSeeker GXのリム幅とインセットはフロント10.0J-28、リヤ10.5J-36。外径は17インチと必要以上に大径とせず、ワイドボディとのマッチングによりワークス系の旧車テイストが演出されている。ボディの塗装が完了したのがSEMAに搬入する3日前(!)だったということで、エンジンを載せるところからショートパーツの取り付けに至るまで、家族や仲間から多くの協力を得ながら、自宅ガレージで徹夜を含む突貫工事で仕上げたそう。クルマへのパッションを共有できる家族や仲間の存在も、このS14の実現を陰ながら支えたかけがえのない“パーツ”と言えるのだ。

 

自作のイラストや実車のデザインを決定していく上でロブが参考にしたのが、富士グラチャン時代に活躍したTOMEI HIROTA B110サニー。ダットサンへの傾倒をB110 GX5からスタートさせたロブは、その70’sレーサーの勇姿をよくYoutubeで見ていたという。

 

ロブはTOMEI USAのデモカーとも呼べる自身のS14が、東名の名を世間に知らしめたB110と似たルックスに生まれ変わることを喜ぶ。一般的にBossキットはバラクーダやカマロ、チャレンジャーといった旧いアメ車からインスパイアされたと言われているが、「ミウラさんは日本のカイドウ・レーサーやキューシャもリスペクトする人だから、Datsun B110に代表されるようなJDMテイストをS14に持ち込もうという意図もあったんじゃないかな」とロブは分析している。

 

旧車テイストを基本にブラックのビニールトリムでフルカスタムされた内装。Retro Sound製のステレオシステムは、見た目はクラシカルだが中身はBluetooth対応の最新式。

 

カーボンシェルで製作されたブリッドのHistrixバケットに合わせ、乗り降りがしやすいようロールケージの形状をデザインしたのもポイントだ。

 

オーナーのロブは15年来のOPTION読者でもあるという(!)。OPTION誌は並行輸入の形でアメリカの一部でも売られていて、特に西海岸には意外とファンが多いのだ。言葉がわからなくても楽しめるV-OPTを見るのも楽しみだそうで、日本のチューナーやドリフト文化にもめっぽう明るい。ちなみに、ロブとTRA京都の三浦さんのスナップには、ロブが描いたスケッチが写っている。

 

スペック

■エンジン:KA24DE直列4気筒DOHC エンジンワーク パフォームド バイ Bluemoon Performance/CP-Carrillo ピストン、PRO-Hコンロッド/ATI ダンパープーリー/Brian Crower オーバーサイズバルブ、バルブガイド、デュアルバルブスプリング、チタンリテーナー/TOMEI マルチレイヤーメタルヘッドガスケット、プロトタイプカム、M8270ターボ、ボトムマウントチューブラーマニフォールド、SR20用タービンアウトレットパイプ、チタンテストパイプ、エキゾースト/Xcessive Engineering インマニ/APEXi パワーFC 他

■駆動系:ACT クラッチ&フライホイール/Driveshaftshop アルミワンピースドライブシャフト/TOMEI 2ウェイLSD/GReddy ディファレンシャルカバー

■サスペンション:Powertrix RTコイルオーバー/Swift スプリング/GS カスタムロールケージ、フェンダーブレース、溶接加工/SPL・PRO Suspensionコントロールアーム 他

■ブレーキ:Z32用フロントキャリパー、スリットローター、スチールホース/Winmax ブレーキパッド

■ホイール:WORK Seeker GX(F10.0×17-28 R10.5×17-36)

■タイヤ:ヨコハマ S.drive(F255/40R17 R275/40R17)

■エクステリア:Rocket Bunny Boss Kit/Rob Smith at Robkabob Design ペイント、ボディワーク、BASFダットサン ゴールドペイント/Downstar マウンティングハードウェア/Vitaroni ミラー 他

■インテリア:Frasier Auto Upholstery フルカスタムビニール/ハンドステッチダッシュ、コンソール、アームレスト、ドアパネル/パーフォレーテッド ブラックビニール ヘッドライナー/カスタマイズドアパネル/BRIDE Histrix カーボンファイバーバケットシート/Retro Sound ブルートゥース対応ステレオシステム/TOMEI ステアリングホイール 他