「足」を極めたNDロードスターの速さって実はハンパじゃないんです! | web option(ウェブ オプション)

「足」を極めたNDロードスターの速さって実はハンパじゃないんです!

SUGO1分40秒台、筑波1分6秒台を生み出す足回りチューンの極意!

 

街乗りからサーキットまで対応する懐の深さをND5RCに与える

 

ロードスターに精通するショップとして知られる、埼玉県春日部市のアクティブ。根っからの走り好きである代表の市村さんは、長きに渡ってその楽しさをブラッシュアップするためのチューンに取り組んできた。NDについてもノーマルのよさを尊重し、その素性を引き上げていくスタンスに変わりはない。フットワーク系を中心にツボを押さえたチューンを施すことで、痛快なハンドリングマシンへと昇華させている。

 

 

マシンメイクの要となるのは、何度も仕様変更を繰り返したというオリジナル車高調「モナコスペシャル」だ。スピリットベースのダンパーに、HALの低反発スプリングを組み合わせる。こちらは突き上げ感をいなし、よりコントローラブルな走りを味わえる、まさに通好みの逸品となっている。

 

「バンプ(縮み側)を緩く、しっかり伸ばす方向でセッティングしています。ガス圧も低め。ロールを抑えつつ、路面追従性を高めるような味付けですね。スプリングレートはフロント6kg/㎜、リヤ4kg/㎜を採用。足が柔らかいのでクスコのリヤスタビライザーを追加しました」とアクティブ代表の市村さん。

 

 

このサスペンションの良さを引き出すための土台造りも抜かりなく、メンバーまわりにはスプーンのリジカラを組み込んだ上で、フルピロ化に着手。フロントにはニーレックスのナックルサポートも追加して、足まわりをスムーズに動かすための環境を整える。またトラクションの確保に欠かせない機械式LSDは、クスコのMZ-F 2ウェイタイプを選択。アクセルワークでクルマの挙動を積極的にコントロールでき、クルマを振り回して遊べる。そんなマシンに仕立て上げているのだ。

 

 

エンジンチューンについては必要最小限で、フジツボ製のマフラーを入れてECUを現車合わせセッティングしているくらい。フィーリングこそ大幅な改善を果たしているものの、最高出力はノーマル+αというライトな内容となっている。それでも、スポーツランドSUGOで1分40秒台、筑波サーキットは1分6秒台、エビス西は1分7秒台と、スペックから考えるとかなり速いタイムを刻む。ちなみに装着タイヤは195/55-15サイズのポテンザRE-71Rだ。

 

タイヤとホイール、そしてブレーキを高次元でうまくマッチングさせることで、バネ下のトータルバランスを高めていく。決してハードではないのに、速くて楽しい。そうしたアクティブ流のマシンメイクに共感を覚えるロードスター乗りも少なくないのではなかろうか。

 

取材協力:アクティブ

 

スペック

エンジン:P5-VP改/K&N純正交換タイプエアクリーナー、フジツボ オーソライズマフラー、トラスト オイルクーラー、アクティブSWAT ECU(オートブリッピング、ローンチコントロール)、ドライバッテリー

駆動系:クスコMZ-F機械式LSD(2ウェイ)

サスペンション:アクティブMONACO SPL車高調、HAL低反発スプリング(F6kg/mm R4kg/mm)、フルピロ化、スプーン リジカラ、ニーレックス・ナックルサポート+、クスコ デフマウントカラー

ブレーキ:エンドレス CC-Rg、アクレ メッシュホース

タイヤ:アドバンスポーツ(195/50R16)

ホイール:レイズ ボルクレーシング

インテリア:レカロRSM&TS-G、ナルディ33φステアリング

エクステリア:ガレージベリー カーボンリヤウイング 他

 

外装は純正オプションのリップスポイラーとガレージベリーのカーボン製リヤスポイラーを追加してジェントルにまとめあげる。アライメントや車高合わせにもこだわっており、運転席にひとを乗せた状態でキッチリ数値を追い込む。キャンバーは前後とも約3度で、キャスターは少し寝かせる方向。そうして筑波や菅生の高速コーナーでの安定性を高めている。

 

スピリットベースのモナコスペシャルはしなやかな乗り味。減衰力やバネレートはもちろんストローク量やガス圧まで、ドライバーのスキルやステージに合わせてオーダメイドできる。20段の減衰力調整を備え、街乗りからサーキットまでフレキシブルに使えるのもウリだ。スプリングはHALの低反発タイプを組み合わせる。

 

ブッシュはフルピロ化。乗り心地が悪化するのでは? と心配する人もいるがそれは間違い。高精度なピロをちゃんと組み付ければ、アームがストレスなく動くようになる。走りはもちろん、乗り心地もよくなる方向だ。

 

Sグレードはリヤスタビレスの仕様となるが、このデモカーではクスコの強化品を装着。バネレートが柔らかい分、スタビで補おうという考えだ。不要なロールが抑えられる。

 

キャリパー&ローターは純正のまま、パッドのみエンドレスCC-Rgへと変更する。4輪にうまく荷重を乗せられる足まわりに仕上げることでコントローラブルな特性に。メッシュホースの導入でリニアなブレーキタッチを実現した。

 

高圧縮であることもあってか油温が厳しい。それに引っ張られる形で水温も上昇するとか。そこでトラストのオイルクーラーを追加したところ、サーキットでも温度が安定した。オイルはメテオRC(5W-35)を使用する。

 

ECUセッティングまですれば効果的というマフラーはフジツボのオーソライズ。今後はオリジナルのチタンマフラーも開発予定だ。こちらはメイン70φのドルフィンテール仕様を検討しているというから楽しみ!

 

約8kgの軽量化につながるというドライバッテリー。元々が軽いクルマなだけに、その効果は侮れない。オリジナルのSWAT ECUもイチ押し。各種パラメーターを最適化することで、実用域を中心にトルクアップを果たしている。違和感なく使えるオートブリッピングやローンチスタートも追加可能だ。

 

すっぽり身体が包み込まれる感覚のレカロの最新作RSMは、圧倒的に高いシェル剛性を備える。NDロードスターにもばっちり収まる。助手席側はTS-Gをセットした。

 

今回はストリートインプレということで快適性も備えたアドバンスポーツを履いてきた。サイズは195/50-16だ。ちなみにフロントにはニーレックスのナックルサポート+も装着する。

 

DRIVER’S VOICE@レーシングドライバー青木孝行

「コーナリングスピードはかなり速い。ロール量は少なめだけど、路面からの突き上げ感はしっかり抑えられているので感心したよ。路面追従性が高くてしなやかな乗り味なんだ。ボディや足まわりの剛性感が高くて、不安なくアクセルを踏み込んでいける。デフもマイルドな効き具合だから、ストリートでの使い勝手もいいと思うよ。あえていえば、もう少しハイグリップなタイヤでも試したかったな」