EF9シビックの魅力を再検証! プロチューナーが語る「今からはじめるEF9チューニングライフ」の極意 | web option(ウェブ オプション)

EF9シビックの魅力を再検証! プロチューナーが語る「今からはじめるEF9チューニングライフ」の極意

EK9やDC2の部品を駆使して戦闘力とメンテナンス性をアップせよ!

 

指南役:ASLAN(アスラン)谷さん

 

EF9シビックはサーキットでの速さもピカイチですが、1010kgの軽量ボディを筆頭に、低重心ならではの高い旋回性能、前後ダブルウィッシュボーン式の優れた足回り設計、そしてリッター100psを誇るB16Aエンジンのパワーと、ショートサーキットや峠を走る上で弱点がないと言い切れるクルマです。

 

ただし、もう30年前の低年式車なのでメンテナンスは苦労するところ。新品の純正部品が出ないことはEF9の弱点と言えます。ですが、一方でEG6やEK9などの後継モデルの部品が流用でき、さらに多彩なアフターパーツが存在しているので、今風のスタイルに仕立てられるのが魅力ですね。

 

 

まず、エンジンは距離も走っているためオーバーホールが必須。ここで新車時以上のコンディションに持って行きたいワケですが、このクルマではB18Cに載せ換えた上で、戸田レーシングのハイコンプピストンとBカムを投入して、ダイナパックの実測で210psを発生。峠では低中速トルクも欲しいので、バルタイで下振りにセッティングしています。

 

 

また、トランスミッションも純正部品が出ないので、このEF9はノーマルのワイヤー式からEK9用の油圧式に換装しています。リフレッシュ効果だけではなく、好みのギヤ比が選べるようになることが最大のメリットなんです。クロスミッションにすることで加速力も減速力も大幅に高まるので、抜群にコーナリングが速くなりますよ。

 

 

そして、コーナリング性能の要となるのがサスペンション。当時モノのダンパーをそのまま使っているクルマが多いですが、今どきのタイヤのグリップ性能に見合ったダンパーを持つ車高調への交換することで接地性が高まり、駆動力も制動力もアップします。

 

それに、以前はタイヤを滑らせて走るのがFF車の常識でしたが、現在は4輪をしっかり接地させるのがトレンドです。そこで、フロントには225サイズのワイドタイヤを履き、キャンバー角をフロントに4.5度、リヤに3度を付けて旋回速度を追求しているのもウチならではのポイントと言えるかもしれません。

 

取材協力:アスラン

 

片側30mmワイドのファイブマート・フロントフェンダーを、さらにオフセット装着。8J+25というワイドリムのボルクレーシングTE37をセットする。リヤウイングもファイブマートのカーボン製だ。

 

エンジンはDC2インテグラタイプRのB18Cに換装。戸田レーシングのハイコンプ鍛造ピストンを投入し、圧縮比は13:1にまで高められる。また、ハイカムも戸田レーシングの通称“Bカム”を選択し、ダイナパックの実測で210psを発生。峠を意識して、低速域からトルクが立ち上がるようバルタイセッティングが施される。レブリミットは9000rpmだ。ちなみに、制御はEK9用ECUの書き替えで行っているのは、EK9用のデスビを使用しているから。

 

トランスミッションはEF9本来のワイヤー式からEK9用の油圧式に換装。部品に困らなくなるためメンテナンス面で有利な上に、ギヤ比の選択が可能になるのがメリットだ。このEF9では、Mファクトリー製の3-4-5速クロスミッションを装備。VTECと合わせて谷間のない加速フィールを実現する。ちなみに、5速9000rpmでも車速は180~190キロとなってしまうため高速走行はかなりツライとのこと。

 

マフラーはアスランがワンオフ製作したチタン製。本来、EF9のマフラーは左出しレイアウトだが、大阪環状の全盛期に定番だったエイコーマフラーのスタイルを真似て製作したものだ。

 

タイヤはアドバンA050をセレクト。フロントタイヤは205サイズか215サイズが一般的だが、このEF9では225/50R15を装備し、接地面積を広げることでグリップ力を高め、旋回性能を向上させている。

 

室内はリヤシートを撤去した上で、アスランの10点式ロールケージが組み込まれる。現在の車重は950kgだが「EF9は走行会仕様で820kg、タイムアタックマシンだと700kgにまで軽量化しますから、普通ですね」とは谷さん。この世代のクルマは純正部品が重たいので、軽量化しやすいこともメリットだ。ちなみに、カーボン製N1レース用の安全タンクカバーを装着しているが、このクルマはノーマルタンク仕様だ。

 

車高調はストリートとワインディングをメインターゲットに開発したアスランのオリジナル。全長調整式で減衰力は28段調整が可能。また、足回りでは接地性の高さを追求してリヤにはキャンバー調整式のピロアッパーアームも投入。フロントは4.5度、リヤは3度のネガティブキャンバーを与えて旋回性能を向上させている。

 

スペック

■エンジン:アスラン B18C換装、EK9用ECU書き替え、ノーマル改ラジエター、B18C改ビッグスロットル加工、チタンマフラー/戸田レーシング・ハイコンプ鍛造ピストン、ハイカムBタイプ(IN295度12mmリフト EX285度12mmリフト)、エキマニ

■ドライブトレイン:アスラン EK9油圧ミッション換装/Mファクトリー 3-4-5クロスミッション(ストレートカット)/ATSカーボンクラッチ、LSD/4.4ファイナルギヤ

■サスペンション:アスラン オリジナル車高調、リヤ調整式キャンバーアッパーアーム/無限・強化ブッシュ

■ブレーキ:EK9用ローター&キャリパー/制動屋 RM550パッド

■ホイール:ボルクレーシングTE37(F8J×15+24 R7.5J×15+35)

■タイヤ:アドバンA050(F225/50R15 R205/50R15)

■エクステリア:アスラン・フロントリップスポイラー、カーボンボンネット/FIVEMART FRPオーバーフェンダー、カーボンリヤスポイラー