あのガレージ伊藤R34GT-Rがついにエアロ武装!! ラップタイム更新 待ったナシ!? | web option(ウェブ オプション)

あのガレージ伊藤R34GT-Rがついにエアロ武装!! ラップタイム更新 待ったナシ!?

シーウエスト製GTウイングやアンダーパネルを装着

 

プロドライバー、シャーク井入の手応えは?

 

大型のエアロデバイスが流行となっているタイムアタックマシンたちのなかで、これまで「ユーザーとかけはなれすぎないように」というコンセプトで、純正に近いエクステリアを維持してきたガレージ伊藤のR34GT-R。

 

大阪の老舗ショップ『ガレージ伊藤』による軽量ボディメイクやエンジンチューン、足回りセッティングなどにより、岡山国際サーキットや富士スピードウェイなどでラップタイムランキングTOP10入りする速さを見せつけてきた実力派マシンである。

 

ところが、大阪オートメッセ2019会場に展示されたマシンをみてびっくり!! なんとシーウエスト製の大型フロントアンダーパネルやサイドステップ、新型GTウイングまで装着されていたのだ。

 

 

「今まではシーウエスト製のフロントバンパーと最低限のGTウイングだけで、サイドステップなんかは純正だったんやけど、昨年末にアンダーパネルを装着して走りはじめて、今回のショーに合わせてサイドステップとGTウイングも付けてきましたわ。これまでエアロを効かして走るサーキットはあまり得意じゃなかったけど、これでタイムアップできるといいなぁ」と代表の伊藤さん。

 

さらにフロア下のフラット化や、ダウンフォース増加に対応するためタービン交換などによるエンジン特性の変更なども視野に入れているという。

 

 

また、このマシンでのアタックを任されているシャーク井入にも話を聞いてみたところ「もっと車高を下げて地面との距離を近くするとか、このエアロを最大限活用するにはまだまだセッティングを煮詰めないとアカンけど、間違いなく今まで以上に速くなると思うで!」と頼もしいコメント。

 

残りわずかとなったタイムアタックシーズン。記録更新が期待される注目マシンメモに、また1台の名前が追加された。

 

取材協力:ガレージ伊藤




関連ニュース