まさに黄金の獅子! クールレーシングの快進撃を決定づけた伝説のR35GT-Rを振り返る | web option(ウェブ オプション)

まさに黄金の獅子! クールレーシングの快進撃を決定づけた伝説のR35GT-Rを振り返る

ワイドボディと彫刻塗装が生み出したカスタムR35の究極作

 

5900万円のプライスタグにも思わず納得してしまった

 

大胆な3Dペイントで話題を呼んだ2014年の86。エングレービングという彫刻をボディに施し、東京国際カスタムカーコンテストでグランプリに輝いた2015年のR35GT-R。そして2016年、クールジャパンプロジェクトの集大成としてオートサロンに送り出されたのが、この金色に輝くR35GT-Rだった。

 

エアロはクールレーシングのワイドボディ。張り出しのインパクトで魅せたバージョン1に対して、このバージョン2は内巻きフォルムを採用。また、バージョン1はナローエアロからの発展系であったが、バージョン2は完全なワイドボディスペシャルとなる。

 

 

専用のフロントバンパーは、クールレーシングのアイデンティティと言える「逆スピンドルグリル」を配置。アッパーグリルを大型化しつつ、形状を切れ長な印象に変貌させることで、野性的なフロントマスクを構築する。一方で、サイドロワダクトは廃止。グリルでキャラクターが強化された分、敢えてプレーンなスカートフォルムとしてトータルバランスが整えられているのだ。

 

そして、ROHAN(ローハン)井澤氏が手掛けるカスタムペイント。彫刻刀による手彫りで描き出されるエングレービングの面積は、2015年モデルの約3倍にもおよんでいた。さらにメタルペイントはより輝度を高めた新塗料を開発し、ハウスオブカラーのキャンディゴールドを重ねることで極上の煌めきを与えることに成功。3ヵ月間かけて完成させたというカスタムペイントは、もはや超絶の極みに達していたと言える。

 

 

パワースペックもエクステリアに負けないインパクトを放つ。VR38DETTはGTX3076Rベースのオリジナルタービンキットで武装して、820psにまで鍛え上げられる。さらにリヤマフラーはなんと全長10メートルにも及ぶチタン製のオリジナルで、そのレイアウトは芸術的だ。

 

まさに全身隙なし。低く構えた金色のGT-Rは百獣の王さながらのオーラを放ち、来場者の誰もがその姿態に感嘆の声をあげていたのが印象的だった。マシンには5900万円のプライスが掲げられていたが、究極のオンリーワンという価値を査定すれば、正当な評価価格だったのかもしれない。

 

取材協力:クールレーシング

 

クールレーシングのワイドボディキットVer.2をベースに、ROHANがエングレービング彫刻やダイヤブロックなどの3Dペイントを手掛ける。メタル塗料も輝度を高めた新作で、ゴールドキャンディを重ねてこの黄金色を作り上げている。

 

ワイドボディ専用デザインとなるフロントバンパー。内巻きに絞ったフォルムのバンパー本体とディフューザー、左右エクステンションの4ピース構造としているため、空間部分にもエングレービングが施されているのがゴージャスだ。なお、ヘッドライトはレクサスRC純正のインナーユニットを流用して製作したもの。

 

フェンダーはフロントが片側50mmワイド、リヤが片側70mmワイド仕様。サイドステップはワイドボディVer.1を流用。

 

ホイールはワークのオーダーメイドシステム『SION』で製作した鍛造2ピースの21インチ。フロントが11.5J-25、リヤが12.5J-70と、驚異のマイナスインセットを見せつける。

 

センター3本出しのリヤマフラーはクールレーシングによるワンオフのチタン製。なんと全長は10メートルにも及び、エアロのダクト部からカールさせた巧みな取り回しを見ることができる。

 

GTX3076Rベースのオリジナルタービンキットを装備。エンジン本体ノーマルのため、最大ブースト圧を1.6キロに抑えているがそれでも820psを発生させている。タービンキットはゴールドのコンプレッサーが特徴で、ウエストゲートは信頼性を追求してTIAL製を採用している。