スイスポ(ZC33S)オーナーが待ちに待ったモンスタースポーツの「K200ターボキット」の実力とは? 2速でもホイールスピンが止まらない戦闘力! | web option(ウェブ オプション)

スイスポ(ZC33S)オーナーが待ちに待ったモンスタースポーツの「K200ターボキット」の実力とは? 2速でもホイールスピンが止まらない戦闘力!

K14Cエンジンで実測200psを約束する「K200ターボキット」の実力

 

豊富なノウハウが生み出す機能性あふれるパーツ群

 

先代のカルタス時代から、スズキのコンパクトロケット=スイフトスポーツを誰よりも愛し、育ててきたモンスター田嶋こと田嶋伸博氏が率いるモンスタースポーツ。現行ZC33Sの高いポテンシャルに注目し、2018年はラリー、ダートラ、ジムカーナの3カテゴリーで国内最高峰のJAF全日本選手権に参戦したほどだ。

 

 

世界ラリー選手権をはじめとした様々なモータースポーツシーンで培ってきたノウハウを活かし、ZC33S用のパフォーマンスアップパーツの開発にもいち早く着手、パワートレインからサスペンション、ブレーキ、内外装までのトータルラインアップの完成に向けて、続々とパーツをリリースしている。

 

そのなかでも多くのオーナーが首を長くして待っていたのが、長い開発期間を経てついに発売が開始された“K200ターボキット”。核となるタービンは、純正品供給メーカーである三菱重工と共同開発している大容量のハイフロータイプで、ボルトオン装着が可能となっているのが特徴。キットには専用データがインストールされたECU「フルレンジスポーツコンピュータ」も含まれており、全域で安定したパフォーマンスアップを約束する。

 

 

狙える出力は、同社のPFX400インテークキット装着状態(K200X)で200ps! 純正インテーク仕様(K200)でも190psというハイパワーっぷりだ。インジェクターやポンプなど燃料系がノーマルのままということを考えると十分すぎる数値と言えるだろう。

 

なお、モンスタースポーツが拘ったのは、単なるピークパワーだけでなく、そこにいるまでの過渡特性を重視したECUセッティング。トルクの谷がないフラットなパワー特性により、ノーマル同様のストリートでの扱いやすさはそのままに、その気になれば圧倒的なパフォーマンスを発揮することが可能な味付けとなっているのである。

 

取材協力:モンスタースポーツ

 

インパクト抜群で、美しくレイアウトされたエンジンルーム。ターボキット、インテークキットのほか、シリコン製のラジエターホースやインタークーラーホースを装着する。

 

PFX400インテークキット(12万9000円)は、フレッシュエアを取り込めるカーボン製インダクションボックスとオープンタイプパワーフィルターで吸気効率の大幅向上が可能。

 

バンパー内の限られたスペースで最大限の効率アップを目指して開発中のハイフローインタークーラー。下の純正と比べて高さと厚みがアップしている。価格と発売時期は未定となっている。

 

K200ターボキット(17万3000〜20万6000円)は、純正と同様の三菱重工製ハイフロータービンと専用フルレンジスポーツコンピュータ、NGK製高熱価プラグまでセットに含まれる。キットは、純正インテーク用、PFX400インテークキット用、純正インテーク+フルレンジスポーツコンピュータ用、PFX400インテークキット+フルレンジスポーツコンピュータ用を前提とした4パターンが用意されている。

 

自動車メーカーやトップカテゴリーのレース車両と同様の工程で開発したフルレンジスポーツコンピュータ(8万5000円〜9万2000円)。ブースト圧を1.0キロから1.3キロへと引き上げ、それに伴い各種マップを最適化。レブリミットは6500rpmに設定される。

 

60φメインパイプ採用による排気効率の向上と、節度のあるスポーツサウンドの獲得を目指して開発したのがSp-Xデュアルスポーツマフラー。テールは100φスラッシュカットタイプを採用。価格は5万7000円。

 

Driving Impression

by レーシングドライバー@青木孝行

「2500rpmの低回転域から十分なパワーを発揮し、そのまま高回転までフラットにパワーが立ち上がる特性。これまで乗ったZC33Sチューンドの中でもトップクラスのパワーで、2速でもホイールスピンしてしまうほど。ロールしながらしっかり踏ん張る足まわりや扱いやすいブレーキと合わせて、まさに自動車メーカー製コンプリート並みの完成度を持ったマシンだと感じた。お見事!」