S2000に惚れ込んだアメリカ人オーナーが切り拓く衝撃のK24エンジン換装チューニング | web option(ウェブ オプション)

S2000に惚れ込んだアメリカ人オーナーが切り拓く衝撃のK24エンジン換装チューニング

JDM愛ほとばしる“アメリカ流”の最新式S2Kチューニング

 

i-VTECと排気量のアドバンテージを求めてK24型エンジン換装!

 

アメリカのJDMシーンの中心にいるのは、今も昔もホンダ車だ。スポーツコンパクトブームの頃から、安くて速いシビックやインテグラが間口となり、この世界を大きくしてきた。そんなアメリカのホンダ乗りにとって『リアルJDM』はステイタス性が高く、アメリカでは設定の無かったタイプRの赤ヘッドエンジンをスワップするのは、特に人気のあるチューン手法として定番化した。

 

 

しかし、B型エンジンの後継モデルとなるK型エンジンがデビューすると、オールドホンダへのエンジンスワップは一気にK型が主役となる。K型は日本から輸入しなくても北米仕様車に搭載されていること、そして排気量のメリットも大きいことから、アメリカのホンダ乗りの間でK型スワップが現在進行形のトレンドとなっている。

 

とはいえ、これはFF車の、しかもノーマルエンジンでは非力なシビックやインテグラの話だ。しかしアメリカのホンダチューニングシーンで名を馳せるショップ『バラードスポーツ』は、さらに踏み込んだメニューを完成させた。それがS2000へのK型スワップである。

 

 

アメリカではS2Kとも呼ばれるS2000は、シビックやインテグラよりも格上のマシンで至高のF型エンジンに惚れ込んでいるファンも多い。しかしバラードスポーツの代表であるアレックスは、誰よりもS2000を愛するが故に、S2000へのK型スワップをメニューとして完成させたのだ。

 

 

その理由はシンプル。S2000は2009年に生産中止となり、F20C&F22Cも生産が止まったため、今後もS2000を乗り続けるために現行エンジンであったK型に着目したのである。排気量もF型より大きく、より進化したi-VTEC機構を搭載しており、何よりも「価格がチープ」なことも魅力のため、このアイディアを実現。

 

しかもアレックスは自分の愛車のためだけのチューンに留めず、K型を縦置きスワップする為に必要な物を全てキット化してリリース。まだまだF型も現役だが、今後を見据えてK型の縦置きスワップのレールを敷いたというわけだ。

 

 

ちなみにK型はチューニングパーツも豊富なので、このS2000も各部にパーツを投入してF20Cと同じ250psを達成。排気量に勝る分トルクはF20Cより増大しており、何よりチューニングパーツを組み込んでもベースエンジンが安いので、コスト面でのメリットはかなり大きくなる。

 

また、K型が縦置きで使えるとなると、旧車へのスワップ用エンジンとしても需要が見込める。アレックスが実現した『K型エンジン縦置きキット』は、ホンダ以外にも波及していく偉大な発明と言えるだろう。

 

取材協力:Ballade Sports

PHOTO:Akio HIRANO  TEXT:Takayoshi SUZUKI

 

ヘッドカバー形状がF型とは明らかに異なるので多少の違和感はあるが、エンジンルームに収まったその姿はあくまで自然。インマニ一体のビレットサージタンク、EXマニ、マウント、エンジンハーネス、エアコン&パワステ移設キットなど丸ごとキット化されており、全てボルトオンで装着可能。ミッションはS2000用の6速MTをそのまま使用し、専用のアダプタープレートも付属する。エンジン本体がノーマルなら純正ECUでも動くが、チューニング仕様なら社外のマネジメントシステムが必要だ。K型はブロック長がF型よりも高いが、オイルパンは無加工のまま搭載可能で、ボンネットもそのまま閉まる。

 

外装はほぼ全てスプーン製で作り上げた。ホンダファンが多いアメリカ西海岸といえども、“本物”クーペハードトップを装着したS2000はなかなか見かけない存在だ。ウイングステーのみバラードスポーツ製で、スプーンの物より76mm高くなっている。ちなみに、このS2000は“ストリート&トラック”をコンセプトに作られたデモカーで、サーキットも頻繁に走る本気マシン。かなり速いクルマとして有名である。

 

ショーカーではないので派手さは追求せず、走りに必要な装備のみをしっかりとセットアップしたインテリア。助手席はレス化されている。S2000ならではのデジタルメータークラスターは、北米仕様は8000rpmからレッドゾーンなので9000rpmからレッドの英国仕様に交換。

 

助手席エアバッグは外され、中にヒューズボックスを移設。こうした細かいテクニックを駆使してエンジンルームをスッキリと綺麗に見せているのだ。

 

ホイールはボルクレーシングCE28、タイヤはポテンザ、ブレーキキャリパーはスプーンと、とことんJDMパーツに拘っているのがわかる。ワイドフェンダー装着に伴いホイールは9Jサイズを飲み込むが、あくまで走りを優先していることから生まれたチョイスだ。

 

スペック

■エンジン:ホンダK24A2換装/K20A2シリンダーヘッド/バラードスポーツ K型換装キット(EXマニ、インマニ、70mmスロットルボディ、エンジンマウント、ミッションアダプタープレート、フライホイール)/Rywire ジャンパーアダプターハーネス、エンジンハーネス/K-Tuned スイベルネックサーモスタット、AC/PS移設キット、フューエルレール/アキュラRDX用410ccインジェクター/AEM EMSシリーズ2/SUPERTECH デュアルバルブスプリング、チタンリテーナー/スカンク2 ステージ2カムシャフト

■駆動系:S2000用ミッション/バラードスポーツ F20C用クラッチキット、ドライブシャフトスペーサー/スプーン 1.5wayヘリカルLSD、4.44ファイナルギアセット、デフマウント

■サスペンション:EEibach マルチプロR2コイルオーバー、スタビライザー(F31.89φ R28.47φ)/バラードスポーツ 18点ピロブッシュキット、ステアリングラックブッシュキット/スプーン オフセットボールジョイント/ジェイズレーシング リヤストラットバー

■ブレーキ:スプーン モノブロックキャリパー/プロジェクトμ クラブレーサーブレーキパッド/バラードスポーツ ブレーキライン、ブレーキダクト

■ホイール:ボルクレーシングCE28(9.0J×17+35)

■タイヤ:ポテンザRE-11A(255/40R17)

■エクステリア:スプーン クーペハードトップ、S-TAIボンネット、フロント&リヤバンパー、フロント20mmワイドフェンダー、リヤ15mmワイドフェンダー、GTカーボンウィング/バラードスポーツ ウイングステー/カーボンドア、カーボントランク

■インテリア:バラードスポーツ 4Pロールバー、ウルトラローシートレール/無限 SRバケットシート/タカタ 4Pハーネス/スプーン・チタンシフトノブ/UK仕様S2000用メーター