想定外すぎるS31フェアレディZ登場! なんとL20エンジンにHKSスーパーチャージャーをポン付け! | web option(ウェブ オプション)

想定外すぎるS31フェアレディZ登場! なんとL20エンジンにHKSスーパーチャージャーをポン付け!

想定外すぎるL20改スーパチャージャー仕様という選択肢!

 

オーナーの想いに200%で応えたチューナーの技

 

1969年にデビューした初代フェアレディZ。国内はもとより北米を中心にした全世界で大ヒット、世界で55万台も販売されたという。名実ともに日本を代表するスポーツカーだ。

 

何度かマイナーチェンジを受け、追加モデルの発売もあったS30系だが、1975年に排気ガス規制対応のためにインジェクション化、続く1976年に昭和51年規制に対応するモデルとして形式をS31と改め1978年まで生産が続けられた。

 

 

オーナーやマニアの間では、サンマル/サンイチと区別されることも多いが、広い意味では1976年から1978年までのS31もサンマルの愛称で親しまれている。

 

そして、ここで紹介するチューンドは1976年モデルのS31だ。1976年のマイナーチェンジ以降のモデルは、当時まだ制御技術が確立されていなかったとも言える稚拙なインジェクションと、やはり性能が低く排気抵抗の塊であったペレット式触媒によって、スポーツカーとして出力やレスポンスの低下など最悪の進化を辿った経緯はある。しかし、装備の高級化など時代に合わせたアップデートも行われ、時間が経った現在となっては、ボディの良さで選ぶなら各部が強化され改良された最終型がベストと言うマニアもいる状況だ。

 

 

実際、多くのユーザーはL28改のチューニングエンジンに換装してしまうため、チューニング前提であれば機関系のポテンシャルに関して大きな問題はない。

 

そんなサンマル事情であるが、この車両のオーナーの場合はちょっと考え方が違い「この車両に搭載されているエンジンをそのまま活かす」ということに拘ってチューニング計画を熟考、そして出した答えは、HKSのGTスーパーチャージャーをボルトオンすること。

 

そして、従来のチューニング手法にはまったく拘らないというオーナーが、このプランを実現すべく持ち込んだのがワンオフでのスーパーチャージャー装着の実績を多数持つ、茨城県のチューニングショップ「KBC」だった。

 

 

車両を預かったKBCでは、まずはエンジンの基本パーツはそのままに制御系をアップデート。制御系パーツをRBエンジンから総移植し、F-CON Vプロ用にハーネスを製作したことや、広そうでいて余裕のないエンジンルームにブラケットを装着し、スーパーチャージャーや補機類、配管のレイアウトをまとめ上げることなど製作は苦労の連続だったという。

 

 

また、現時点でエンジンを開けることはせずにスーパーチャージャーを装着したいというオーナーの希望に対し、どこまでエンジンが負担に耐えられるか? という回答のない課題を抱えたまま気を使いながらセッティングを行った。

 

こうして完成したスーパーチャージャー仕様は、エンジン強度を考慮して低ブースト設定ではあるものの、高速道路での移動も楽しめるパワーを持った高完成度のチューンドZに仕上がった。

 

製作したショップ側としては、スーパーチャージャーの性能をフル発揮させるハイブースト仕様へのステップアップを願っているが、オーナー的には十分オーダーに沿った内容に仕上げてもらえたという満足感を持っているそうだ。

 

取材協力:ケービーシー

 

元々搭載されていたL20型エンジンに手を付けることなくパワーアップしたいというオーナーの依頼だったため、サージタンクやスロットルなど基本構成パーツはノーマルのままスーパーチャージャーがボルトオン装着された。

 

ブラケットやプーリーなどはKBCによりワンオフされたもの。スーパーチャージャー本体はHKSのGTS8550。ステップアップにも十分対応できる容量だ。

 

制御はHKSのF-CON Vプロによるもので、RB26のクランク角センサーや点火パーツ、スロットルポジションセンサー、アイドルコントロールバルブなどを使用し、制御は現行車並にスムーズなものだ。

 

マフラーは240Zを思わせる縦デュアル。エキマニ後に触媒を装着し、車検にもしっかり対応している。

 

キーレスエントリーを装着、車両への乗り降りも快適に行える。

 

皮巻きにリビルトされたグラントのステアリングには旧車らしさも感じるが、実は電動パワーステアリングを装備、車庫入れもスマートにこなせる。

 

ヘッドライトはHID化。輸出用のクリアウインカーにはLED球がセットされ目元もシャープに引き締められている。

 

サスペンションはスターロードの全長調整式車高調を投入。ストリート用としても乗り心地がよくオーナーもお気に入り。

 

ホイールはボルクレーシングTE37Vの17インチ。軽量高剛性の鍛造ホイールは今時の旧車メイクに向けて開発されたもの。タイヤサイズは225/50-17だ。

 

コブラのシートは現行の一般的なバケットシートより作りが小さく、室内がタイトなS30系フェアレディZでもドアへの干渉なく装備ができ着座感もいい。3連メーターはオートメーターのカーボンフェイスに置き換えられ今どき感も漂う。

 

サイドミラーは1969年のカマロタイプ。ルームミラーはムーンアイズのデイ&ナイトクロームミラーだ。北米輸出仕様のグリルやウインカー、グラントのステアリングと相まって嫌みのない程度のアメリカンテイストに外観は仕上げられている。