R35GT-R中古車購入ガイド! 「初期型なら400万円!でも状態が心配…」と悩む人にオススメするカンサイサービスの総点検! | web option(ウェブ オプション)

R35GT-R中古車購入ガイド! 「初期型なら400万円!でも状態が心配…」と悩む人にオススメするカンサイサービスの総点検!

パワーチェック込み4万3200円のR35総点検メニュー!

 

トラブルフリーのR35ライフはコンディションの把握から始まる

 

R35GT-R初期モデルの発売が2007年後半。すでにデビューして10年以上の年月が経過していることになる。

 

そのため「メーカー保証も切れたし、そろそろチューニングしようかな」といったオーナーや、400万円程度で流通する中古車市場を見て、R35GT-Rをチューニングベースしようと考えるユーザーも増えてきている。事実、ウェブオプのレギュラーメンバーであるメカドルゆきちゃんが購入したR35も、初期型で380万円だったし…。

 

 

しかし、天下のR35GT-Rとは言え10年を経過した車両であることは他の車種と変わりない。まずは、愛車のコンディションを把握してリフレッシュとチューニングのバランスを取りながら、不安のないR35ライフを送ることを考えるべきだ。

 

というわけで、トラブルフリーのR35ライフを楽しむために行っておきたいのが経験豊富なプロの目によるコンディションの総点検。

 

経年で劣化する部分、距離で劣化する部分、乗り方で劣化する部分、ウイークポイントの放置など、気になるポイントをエキスパートの目でチェックすることで、トラブルを取り除くことで得られる安心は何にも変えがたいものとなるはず。

 

 

ここで紹介するのは、カンサイサービスで実施している愛車車両点検メニューの一部。60項目以上にもわたる独自の点検項目に加え、実走行チェックやパワーチェックまでパッケージングされたこの点検メニューは、R35だけでなく多彩な車種で人気を集めてきたもの。チューニングされた中古車購入後の仕様確認、なんとなく感じる違和感や異音の原因追及にも活用され、大きなトラブルへ発展する前に対処できたというケースも少なくない。

 

 

たったひとつの不調が大きなトラブルの引き金になる、そんな事態を招く前に愛車のコンディションをしっかり把握することが重要なのである。「チューンの第一歩は現状把握から」。これは多くのクルマを見てきたプロの経験からくる最大のアドバイスだ。

 

それではカンサイサービスの総点検の模様をチェックしていこう。

 

取材協力:カンサイサービス

 

中古車を購入したのであれば、履歴リセットの意味合いも含めて車両点検と同時に油脂類のフル交換を行いたい。また、初期モデル場合のミッションの未対策車も多く残っているので、予算に余裕があるならモジュール洗浄やクラッチタッチポイントの調整までパッケージングされたミッションメンテナンスも加えておくべき。

 

カンサイサービスの車両点検は完全にメニュー化され、過去の点検による傾向も加味して行われる。また、オーナーが何となく感じている違和感の原因を追及するケースもあるし、中古車を購入した際のチェックとして訪れるひとも多い。その内容は、まさにチューニングカーに向けたもので、車検時の点検とは異質のものだ。独自の点検内容と経験豊富なプロの目は、些細なトラブルの前兆も見逃さない。費用はR35GT-Rの場合、パワーチェック込み4万3200円。作業は要予約。

 

ピストントップやシリンダー内壁、バルブまわりといったコンディション変化の現れやすいポイントを、プラグホールから挿入した高性能スコープでチェックする。先端のカメラを手元のコントローラーで自在にアングル操作できるため、車載状態でありながらシリンダー内を細部まで見逃すことなく確認することが可能だ。