BNR32のリフレッシュ&レストアは今を逃すとかなりヤバイ状況になるって知ってましたか?

BNR32の価値が見直された今だからこそ手間とお金をかけてリフレッシュすべし!

 

リフレッシュされたシャシーに最新のチューンドRB26を搭載

 

よく言われる話だが、少し前のように程度にこだわらなければ50万円くらいで実働のRを手に入れられた時代とは状況が全く変わってしまった。しかし、そんな今だからこそ、キレイなBNR32を作るには最高のタイミングだと言うのが、ガレージマックの宮川さん。

 

 

「我々の世代にとってBNR32は特別な存在。デビュー当時は憧れでしたからね。そんな新車の時代を知っているだけに、傷んだ状態のまま乗るというのは考えられないんですよ。でも、ベース車が50万円で買える状況では、なかなか100万円も200万円もかけてキッチリ仕上げようという話にならないですよね。ところが、クルマに価格があって今後も下落することはまずない。掛けたお金がきちんとクルマの価値として評価される、そんな時期になったと思いますよ」というのが宮川さんの意見だ。

 

また、今が最適の時期というもうひとつの理由は、現在ならどうしても手に入らないというパーツはほとんどないから。絶版していても探せばどうにかなるのだ。これも今後は、探しても手に入らなくなる可能性が高く、大幅なリフレッシュがどうにかできるのが今なのだ。

 

 

ところで、ガレージマックでは高い技術力を誇るボディショップによって、サビや腐食が進んでしまったシャーシも完璧にリペアすることが可能。防錆対策などに関しても万全に行う。

 

ただし、ここで誤解してほしくないのはガレージマックでは新車のようなノーマルを作ることを推奨するわけじゃないということ。用意された2台のRを見てもわかるように、エンジンや足まわり、駆動系など現代のパーツを使ってキッチリとチューンしている。

 

 

ガレージマックが提案するのは、あくまで長く安心して乗れるようシャシーまわりを完璧にリフレッシュすべきという話だ。

 

エンジンに関しては豊富なノウハウと最新のアイテムを使えば、オーナーの好みに合わた仕様で製作できる。白いほうのRはT51Rタービンを装着し、1100psをマーク。それでいてストリート走行も難なくこなせるという。

 

 

また、ガンメタの方も、2.8LキットにVカムを組み合わせGTⅢ-RSツインで750ps。こちらもストリートからサーキットまでオールマイティーに速さを見せてくれる。

 

これからますます希少になっていく第二世代GT-Rだけに、できるだけ良いコンディションで乗り続けて欲しいという宮川さん。それもお飾りにするのではなく、思いっきり楽しんで欲しいという。そのための相談ならなんでも受け付けてくれるそうだ。

 

取材協力:ガレージマック

 

 

BNR32はノーマル然とした雰囲気が好きという宮川さん。そこでノーマルのラインを生かしたまま、鈑金加工にてワイド化。前後ともに295/30-18&11Jのオフセット15を見事に履きこなしている。

 

ガレージマックでは塗装の品質にも徹底的にこだわっているという。純正色のガンメタは深みのあるツヤを放ち、まさに新車さながらのクオリティだ。

 

インテリアも美しく仕上げられているが、ノーマルであることにこだわるのではなく最新のパーツも積極的に導入するのがガレージマック流なのだ。

 

ウインドウまわりのモールなども新品に交換されている。こういった細かな部分が全体の印象を大きく左右する。

 

GTIII-RSツインで750psをマークするという強心臓。入念に仕上げられたエンジンは排気量アップとVカムの効果もあって、トルクフルな特性を誇っている。

 

2台ともHKS製のハイパーマックスⅣ SPのガレージMAKオリジナルスペックを採用。さらにガンメタの方にはR35用キャリパーも流用されている。

 

 

1100psを誇るマシンながら、極めて控えめなルックスが渋い。当然ながらこちらも美しい塗装が施されている。

 

とても美しく仕上げられているエンジンルーム。ここまでのフルチューンエンジンながら街乗りも可能だというから驚き。そんな芸当が可能なのもエンジンセッティングが完璧だからこそ。

 

エアロパーツを装着したいなら、シャシーリフレッシュと同時がオススメ。フィッテングも色合わせもバッチリ決まる。

 

インテリアにはガレージマックオリジナルのロールケージを装着。数多くのタイムアタック&ドリフトマシンを作ってきたノウハウにより仕上げてくれる。