レクサス並の快適&静寂を目指したLBセリカ(RA35)! | web option(ウェブ オプション)

レクサス並の快適&静寂を目指したLBセリカ(RA35)!

フルレストア&3S-GE換装でブラッシュアップ!

 

ノイズ吸収のために至る箇所に制振材を張り込み!

 

VIPやハイソ、時代によって呼び方は異なるが、新車当時の初代セリカなどはスペシャリティカーなどと呼ばれた。特にモデルチェンジで投入されたRA35型リフトバック(LB)モデルは、当時としては最上の装備が盛り込まれた高級スポーツ、多くの若者が憧れたクルマだ。

 

 

ここで紹介するセリカは、初代モデルの最終型のLBだが、外観は衝突基準の変更で大型化された前後バンパーを前期型に交換、テールランプも5本タイプに変更、見た目はほぼ前期型のスタイルを装っている。

 

 

ところで、ダディモーターワークスで製作されたこのセリカのコンセプトは、快適装備などレクサスと同等まで投入するというハードルの高いもの。

 

というのも、このクルマは依頼主が「父親へのプレゼント」的に製作を依頼してきたもので、その父親が現在レクサスに乗っているため、2台を乗り換えても違和感なく乗れることが条件だった。もちろん、不快な思いをさせたくないので、質感も最高レベルまで高めて欲しいというのも当然のこと。

 

 

まずエンジンまわりは、現在通用する安定した電子制御が必須。スペースや制御の安定性から選ばれたのがアルテッツァ用の3S-GEエンジン。そして、ミッションはやはり3S-GE用のATが選ばれた。

 

また、フルレストアされたボディには制振材を至る所に張り込み、不快なノイズを吸収するなど、ベース作りも大きな手間がかけられた。

 

 

そして、パワステ・パワーウインドウ・キーレスエントリーやエアコンなどあらゆる装備を盛り込んで、まさに現在に通用するコンフォートな旧車として蘇ったのである。

 

チューニングカー乗りにとっては、ちょっと物足りないパワースペックとも言えるが、その快適ぶりは一級品だ。

 

取材協力:ダディモーターワークス

 

換装された3S-GEエンジン本体はフルノーマル。出力の向上はそれほど重視せず、コンフォートなマシンを目指した。エキマニはアルテッツァ用のものをそのまま使い、マフラーはノーマル風に仕上げられている。エンジンルームの各部や補機類はブラックアウト、ヘッドカバーはオレンジに染められるなど、見た目の美しさには拘っている。

 

クーリングはアルテッツァ用の社外ラジエターと純正電動ファンの組み合わせ。

 

車高調はブリッツのAE86用で、車高は日常仕様で不具合が出ないよう高めにセット。ホイールは、レイズのTE37を選んでいる。タイヤは静寂製を重視し、BSのレグノをチョイスした。外観的なアクセントとなっているのが、ホイールに合わせ軽く叩き出された前後のフェンダー。

 

ほぼノーマルに見えるインテリアだが、シートは純正風に張り替えられシートヒーターが組み込まれている。

 

フロア、バルクヘッド、クオーター内部には海外製のダイナパッドという制振材材がたっぷり張り込まれ、走行ノイズが打ち消される。旧車でありながら静寂な室内が作られ、ドアを締める際の反響音なども、現行の高級車並。

 

ステアリングコラムはアルテッツァ、パワーステアリングはAE86用の油圧&ラックを移植。アルテッツァのATシフト用パドルスイッチもキッチリ作動させている。メーターは純正デザインだがEL照明でリプロダクツ、新鮮な輝きを放つ。

 

ミッションはアルテッツァのATを移植し、センターコンソールまわりをワンオフ。当然ナビも装着されている。

 

リモコンスターター、集中ロックなど見えないギミックも現行車顔負けに充実。4灯とも変更を加えられた HIDライトは信頼性の高い国産タイプを選んでいる。