等長か? 不等長か? 86&BRZ用の高性能エキマニ2種を徹底チェック! | web option(ウェブ オプション)

等長か? 不等長か? 86&BRZ用の高性能エキマニ2種を徹底チェック!

FA20用の東名パワードエキマニ2種をパワーチェック検証!

 

等長タイプと不等長タイプ!キャラクターの異なる2タイプを発売中

 

86/BRZに搭載されるFA20エンジンは、インプレッサやレガシィなどに搭載されたEJエンジンの後継とも言えるもの。直噴システムなどを採用しているが、水平対向4気筒エンジンと同じ基本レイアウトとなっている。

 

かつて、スバルの水平対向4気筒エンジンと言えば不等長タイプのエキマニが採用されており、その独特な排気音は『ボクサーサウンド』と呼ばれたりもした。ところが、近年では等長タイプが純正採用されるようになり、86/BRZのFA20も純正で等長エキマニが採用されているのはご存知のとおりだ。

 

純正エキマニ

 

そんなFA20エンジンの特性を理解した上で、さらなるパフォーマンスアップを狙ったのが東名パワードが発売するエクスプリームエキゾーストマニホールドだ。このアイテムの特徴は、何といっても等長タイプと不等長タイプの両方をラインナップしたことにある。

 

東名パワード エキマニ(不等長タイプ)

 

等長タイプは4-2-1というなだらかな集合形式を採用し、純正と比べて全回転域で性能を高めながらトップエンドのパワーが追求。一方、4-1集合の不等長タイプではピークパワーの伸びこそ等長タイプと比べると少ないものの、中回転域でのトルク特性が改善され、4000rpm付近で見られる『トルクの谷』を解消させることができるようになっている。

 

東名パワード エキマニ(等長タイプ)

 

また、性能面での違い以上に大きな差が生まれるのは、エキゾーストサウンドだ。等長タイプは近年の水平対向エンジン同様の迫力のあるクリアサウンドとなるが、不等長タイプはドロドロという懐かしのボクサーサウンドを奏でてくれるのである。


製品仕様

TOMEI POWERD

EXPREME EXHAUST MANIFOLD

価格:7万5000円

対応車種:ZN6/ZC6(競技専用部品)

 

EQUAL LENGTH(等長タイプ)

 

UNEQUAL LENGTH(不等長タイプ)

 

スライド部でサイズの違いに対応

パイプの接続部には長穴加工が施されたプレートを使ったスライド部分を設けている。これは排気ガスの熱による膨張や、ガスケット厚の違いを吸収するために設けられた可動パートとなっている。

 

集合部はロストワックス製法を採用

パイプ同士を溶接した集合部は強度が落ちて割れの原因となることが多い。そこで、エクスプリームエキマニは、ロストワックスコレクターを採用し強度と滑らかな内面による排気効率の高さを持たせている。

 

フランジ部分に段付きはナシ!

ロストワックスタイプの高強度フランジを採用し、溶接精度も極限まで高めることで内面の仕上がりも美しい。バリや段付きを残さないことで排気効率も大幅に向上させているのだ。

 

 

 

 

東名パワード 櫻井さん

「東名パワードがこれまでEJ20エンジンの製品開発で蓄積してきたノウハウを惜しみなくつぎ込んだ自信作です。純正から交換すればどちらも確実な性能向上を果たせますが、高回転の伸びやアクセルレスポンスなど、微妙なキャラクターの違いを楽しんで欲しいですね。それに、ボクサーサウンドを響かせながら駆け抜けていく86やBRZってカッコいいと思いませんか!?」

 


排気のボトルネックを解消する大径ジョイントパイプも注目!

 

エキマニとセンターマフラー間のジョイントパイプは、フロントメンバーとエンジンの隙間を通るため純正は径が細くつぶし加工まで施されている。高効率エキマニの性能を引き出すためには、この部分の大径化も必須。エクスプリームジョイントパイプは、絶妙なクリアランスを確保しながら、φ60.5まで大径化されているのだ。

 

製品仕様

TOMEI POWERD

EXPREME JOINT PIPE

価格:2万4000円

対応車種:ZN6/ZC6(競技専用部品)

 

純正ジョイントパイプでは中間部に大きな逃げを持たされているが、ここを可能な限りストレートに近い形状へ変更。パイプ径もφ54からφ65.5に拡大されている。