【東京オートサロン2019】スモーキー永田渾身のゴールド32Rが750万円で販売中! | web option(ウェブ オプション)

【東京オートサロン2019】スモーキー永田渾身のゴールド32Rが750万円で販売中!

フルレストア&ボディ強化で新車以上のコンディションに!

 

東京国際カスタムカーコンテスト チューニングカー部門 優秀賞

 

2018年から、トップシークレットは「これからのGT-Rオーナー」のために、独自の第二世代GT-R再生プログラムを立ち上げた。

 

これは、一度ホワイトボディ状態にした上で錆を完全撤去し、そこから独自のボディ補強術を施工しながら高程度の純正パーツのみで組み上げていくというもの。つまり完璧なレストアだ。

 

※製作時の様子

 

第二世代GT-R、とくにBNR32はデビューからすでに30年近くが経過しており、丸裸にすると必ず錆が顔を出す。トップシークレットでは錆の侵食をシャットアウトするために、錆びている箇所周辺の鉄板ごと切り取って貼り替え作業を必ず行った上で、ボディをリフレッシュさせていく。

 

※製作時の様子

 

ボディ補強もしかり。これまで蓄積してきた様々なデータをもとに、溶接増しや補強バーを効果的に入れていく。こうして徹底的に作り直されるボディは、ハイパワーを受け止める素養を備えた剛体へと生まれ変わるのだ。

 

 

そんな至宝のプログラムで生まれ変わったチューンドコンプリートとなる。なかでも目玉になるであろう1台が、トップシークレットのコーポレイトカラーである「ロレックスゴールド」にオールペンされたBNR32だ。

 

ゴールドのデモカーはこれまで数多く存在したが、BNR32では20年以上前に依頼されて塗ったユーザーカー1台のみ。つまり、デモカーとしてのゴールド32Rはこれが歴史的ファーストモデルということになる。

 

 

それだけでも特別感が強いが、この車両は内外装の徹底レストアのみならず、エンジンもオーバーホールと同時にHKSの2.8Lキット+T78-33Dタービンを搭載。現代チューンドとも真っ向勝負できるようにオーバー600psスペックまで鍛え上げられている。

 

 

ホイールは前後とも「OZ FORGIATA GT」のトップシークレットエディション(10.5J+15/グロスブラック)で、タイヤにはポテンザRE-71Rをセット。ブレーキは前後ともにレーシングブレンボを装備している。

 

 

美しいコンディションを保ったインテリアにはダッシュ貫通ロールケージが与えられている。それに伴いリヤシートは撤去され、2シーター化されている。