【東京オートサロン2019】現代の技術を注入! 伝説のBCNR33「HKS T-002」が完全復活! | web option(ウェブ オプション)

【東京オートサロン2019】現代の技術を注入! 伝説のBCNR33「HKS T-002」が完全復活!

0-300km/hバトルの覇者が現代に蘇った!

 

心臓部はRB26改2.8L+GTIII-5Rタービン仕様

 

このマシンは、かつてOPTION誌が企画した0-300キロチャレンジで頂点を極めるためにHKSが開発したBCNR33ベースのスーパーチューンドだ。

 

全国のトップチューナーたちがしのぎを削るなか、T-002は920psまで出力を高めた2.7L+GT3037Sツインターボ仕様のRB26を武器に、当時カベと言われていた20秒を大きく上まわる17秒64を記録(1997年3月号)。

 

 

以後、終焉までの2年間、70台近いチューンドが“打倒HKS!”を誓ってアタックを敢行するも、その高みに近づけたのはフェニックスパワーのワークスR(RX6BTCW77ツインターボ仕様のBCNR33:17秒76)1台だけだった。

 

そんなレジェンドGT-Rなのだが、開発終了後はHKSの敷地(駐車場!?)に放置され、他のデモカー製作時にパーツを剥ぎ取られたりしながら徐々にスクラップ化。いつしかHKS社員すらもその存在を忘れてしまうという可哀想な状態に…。

 

(画像提供:HKS)

 

月日は流れ2018年末。第二世代GT-Rの世界的ブームに対応するべく、HKSの新しい開発車両としてT-002の復活プロジェクトが突如として始動したのだ。

 

もちろんただ復活させるだけでは意味がない。HKSの最新パーツをフル投入し、現代のチューニングテクノロジーでT-002の2019年スペックを創出する。それは新しいチューニングカーを生み出すことに等しく、時間との勝負だったという。

 

それでも東京オートサロン2019に現れた新生T-002は、まさにニューマシンと呼ぶにふさわしいクオリティだ。

 

 

心臓部のRB26DETTユニットは、ステップ3の2.8Lキットを投入して排気量を底上げし、そこにHKS最新のGTIII-5Rタービンをセット。その他、補機類も最新のパーツで構成されている。

 

 

排気パートは凄まじい。最高効率を求めた結果、エキゾーストはタービン直後から上方向に伸びた「ボンネット出し」を採用しているのだ。ウエストゲートの大気開放口も同じようにレイアウトされた。

 

 

エンジンの本格的なセッティングはこれからだが、使用パーツを見る限り、F-CON Vプロ3.4制御で1000psは超えてくるだろう。

 

 

コクピットも完全に作り直された。ダッシュボードはドライカーボンパネルでリメイクされ、内装類は全撤去。各種情報はレースパックのデータロガーで集中管理する。まさにレーシングカーのそれである。

 

 

前後重量配分を最適化するために、ステアリングシャフトを伸ばしてペダルもオルガン化し、シート位置を後方へオフセットさせている。

 

 

ホイールはアドバンレーシングのGTでサイズは前後18×11J。タイヤにはアドバンA052(295/35-18)を組み合わせている。ブレーキはエンドレスのモノブロックをセット。