【WEBホットマシン】ワゴンゲート仕様の名物RX-7(FD3S)がさらに進化!【 OPTION Super FES. 2018】 | web option(ウェブ オプション)

【WEBホットマシン】ワゴンゲート仕様の名物RX-7(FD3S)がさらに進化!【 OPTION Super FES. 2018】

車両:RX-7【FD3S】/OWNER:ずんだ。

 

ワゴンゲート仕様の「ずんだ号」がバージョンアップ

 

憧れのRE雨宮バンパーを投入してアグレッシブに進化!

 

OPTION誌主催のRX-7選抜総選挙へのエントリーを始め、誌面ではお馴染みとなってきた『ずんだ号RX-7』。岡山県のカスタムショップ「三好自動車」が手掛けたロケットバニー・ワイドフェンダーに絶版のトラストFD3Sワゴンゲートを組み合わせるこのマシンが、さらなるアップデートを果たしてOPTIONスーパーフェスの舞台に参戦してきた。

 

 

今回のバージョンアップのメインとなるのはフロントマスクの刷新だ。ロケットバニーのフロントバンパーからRE雨宮のグレッディ9バンパーに変更した上、ロケットバニーのデイライトを埋め込んで、トータルマッチングを図っているのだ!

 

 

もともとオーナーの「ずんだ」さんはロータリーのサウンド、パワー、そして何よりもFD3Sのスタイリングに長らく憧れていた生粋のロータリーフリーク。RE雨宮のデモカーを目にしたことをキッカケに、その憧れがイッキに爆発してRX-7カスタム道を走りはじめただけに、RE雨宮エアロには強い想いがあった。だからこそ今回のグレッディ9バンパー化は、彼の夢の実現でもある。

 

 

ずんだ号独特のカラーリングとワゴンボディ、そしてエアサスならではの低さに、さらなる個性をプラス。独創性あふれるカスタムRX-7、次なる一歩が気になるところだ。


 

フロントバンパーをこれまでのロケットバニー製から、RE雨宮製のグレッディ9に変更。ロケットバニーバンパーに装備する5連LEDデイライトを埋め込み、オリジナリティを演出している。

 

ワゴンボディが際立つ個性を放つずんだ号RX-7。なお“ずんだ”はボディカラーに由来しているが、このカラーはダイハツ・エッセの純正色だ。ホイールやフェンダーのメッキデカールも、アピール度を高めている。

 

グリーンに塗装された近未来的インテリア。ダッシュボードはFRPダッシュカバーをカスタムペイントしてセット。一見ドグミッションに見えるシフターは、ノーマルミッションのままシフトレバーを延長した使い勝手重視のアイテムだ。

 

サーキットを走っていた時から一変し、現在はノーマルタービンを使用したブーストアップの常時ツインターボで360ps程度に抑えている。あくまでもストリートを気持ちよく流すため、耐久性を重視した結果のセッティングだ。





 

関連ニュース