【東京オートサロン2019事前情報】86ベースの近未来チューンド爆誕の予感! 乱人&SANOデザインのタッグは2019年も要注目だ! | web option(ウェブ オプション)

【東京オートサロン2019事前情報】86ベースの近未来チューンド爆誕の予感! 乱人&SANOデザインのタッグは2019年も要注目だ!

完成予想イラストを見ているだけでワクワクしてくる!

 

600psオーバーのランチアデルタ インテクラーレにも注目!

 

前回の東京オートサロン2018では、ND5ロードスターをベースにしたコンプリートカー『SD-1』を発表して、大きな話題を呼んだ乱人&SANOデザインのタッグ。2019年はその第2弾モデルとして、86ベースのコンプリートカーを発表予定とのことだ。

 

車両名は『86フューチャースポーツ』。イラストを見ると、そのネーミング通りまさに近未来的なスタイリングへと86を変貌させている。どこまでこのイラストを再現してくるかは分からないが、超ド級のスーパーカスタムチューンドが誕生することは間違いないだろう。

 

しかも、今回はK-ONEレーシングの手により本格チューニングも実施。3S-GTE+R33ミッション換装でエクステリアに相応しいパワーソースを構築していくというから期待したい。

 

さらにもう1台。SANOデザインが設計したワイドボディを纏った「ランチアデルタ インテグラーレ」も注目したい。こちらは、エンジンも排気量アップやハイコンプ化によって600psオーバーを達成したスペシャルチューンド。

 

86 Future Sports 

イラストを見ると『SD-1』と同じくリヤピラーからフェンダーに連なるデザインを採用。コンプリートカーとして外装を一新するだけではなく、今作ではチューニングも実施し、3S-GTEとR33ミッションに換装したスペシャルマシンになるそうだ!

 

DELTA fenice

ランチアデルタ インテグラーレ エヴォルツィオーネⅡをベースに、SANOデザインがワイドボディを設計、畑野自動車が製作を担当する。エンジンはOS技研に特注したピストン&コンロッドに加え、ワンオフのロングストローククランクを投入するなどしたハイチューンで607ps&75.6kgmを発生させる。