【EFシビック×510ブル】共通項は「ホンダ2.0LのVTEC換装」!高回転至上主義を貫くネオ旧車にズームイン! | web option(ウェブ オプション)

【EFシビック×510ブル】共通項は「ホンダ2.0LのVTEC換装」!高回転至上主義を貫くネオ旧車にズームイン!

旧車のフィールを極限まで高めるホンダVTECエンジン換装の魅力

 

高回転志向でNAに拘れば自然にホンダに辿り着く

 

1987年(昭和62年)にデビューしたホンダの4代目EF系シビックと、1967年(昭和42年)にデビューした日産の510ブルーバード。

 

意外な組み合わせにも感じるこの2台の共通点は、ホンダの2.0L VTECエンジンを換装していること。

 

FFのEF1シビック(ベース車は1300ccのD13Bエンジンを搭載)には、DC5やFD2にも搭載されたK20A型エンジンが換装され、N510ブルーバード(ベース車はL14エンジン搭載)にはAP1(S2000)に搭載されたF20Cと、同世代の2L VTECエンジンがそれぞれ与えられている。

 

 

EF1シビックはサーキット走行を前提にしたレーシーな仕様(だが公認車検は取得済み)、N510ブルーバードはイージードライブを具現化したストリート仕様と、想定ステージの違いはあるが、どちらもVTECエンジンに求めるものは同じで高回転までまわるNAらしいパワーフィール。

 

旧車らしさをしっかりと残しつつ、現行世代のチューニングカーとも互角に走りあえる性能を手に入れるということだ。

 

 

また、走行性能を高めるのと同時に、魅せる作りにも拘っているのも、2台の車両の共通した製作コンセプト。

 

これらの車両を製作したのは、EF1シビックが兵庫県にあるリズムモータース、そしてN510ブルーバードは奈良県にあるコモンスナッパー。

 

ホンダのスポーツエンジンVTECの性能は、軽量コンパクトな旧車に組み合わせると、さらにその真価を発揮するというわけだ。次ページでは両車の作り込みをしっかりと紹介していこう。