【東京オートサロン2019事前情報】BLITZブースは新型スイスポ筑波ラジアル最速マシン、シビックタイプR、ハイエースなど5台を展示!! | web option(ウェブ オプション)

【東京オートサロン2019事前情報】BLITZブースは新型スイスポ筑波ラジアル最速マシン、シビックタイプR、ハイエースなど5台を展示!!

ブリッツZC33Sがラジアルタイヤで筑波1分3秒7!

 

180ps強を発揮するハイフロータービン仕様でTAS2019にも登場

 

アフターパーツも出揃い、チューニングもドレスアップも盛り上がっているZC33Sスイフトスポーツ。

 

先日、ボルトオンターボを装着したブリッツのデモカーが筑波サーキットでタイムアタックを行い、1分3秒757という好タイムを記録した(DUNLOP DIREZZA β02 F:235/40/17 R:215/45 R17装着)。

 

ラジアルタイヤ装着車では、これまでスイフトスポーツチューンで知られるレイルの1分4秒582が最速だったはずなので、それを抜いて現在ラジアル最速となるタイムだと思われる。

 

また、一緒に持ち込んだFK8シビックタイプRも、ラジアルタイヤ(DUNLOP DIREZZA β02)装着のストリートチューンで1分2秒712と驚きの速さをみせていたのだ。

そして、1月11日から幕張メッセで開催される東京オートサロン2019には、この2台も展示予定!!

 

このほかハイフローターボとエアロパーツを装着した2017モデルのR35 GT-R、トヨタの世界戦略車カローラスポーツ、人気芸能人・大鶴義丹氏が所有するハイエースの全5台、さらに新作パーツやオリジナルグッズなどもブースに並ぶという。

 

ブリッツの公式インスタグラムをフォローし、指定のハッシュタグをつけてブリッツの展示車両をアップすると、豪華なグッスがもらえるというキャンペーンも実施されるそうなので、ぜひ西ホールのエスカレーターを降りたところにドドーンと構えるブリッツブースに立ち寄ってみよう!!

 

 

●スイフトスポーツとシビックタイプRのアタック走行はコチラ
BLITZスイフトスポーツ(ZC33S) : 1分3秒757走行動画 / 360度インカー動画
BLITZシビックタイプR(FK8) : 1分2秒712走行動画