【東京オートサロン2019事前情報】フジツボブースはトップチューナーと手を組んで開発した“脱フジツボ”エキゾーストシステム「E.P.U」に注目! | web option(ウェブ オプション)

【東京オートサロン2019事前情報】フジツボブースはトップチューナーと手を組んで開発した“脱フジツボ”エキゾーストシステム「E.P.U」に注目!

最強性能を本気で目指した「フルエキゾーストシステム」を会場で目に焼き付けよう!

 

超実力派ショップ「MCR」とタッグを組んで開発!

 

排気系パーツの専門メーカーとして、自動車メーカーへの純正部品も手がけることで知られる品質の高さから、ノーマルマフラーからのプラスαを求めるようなライトチューンを目指すマフラーとして大きな支持を得てきたフジツボのラインナップ。

 

 

一方で本格的にサーキットを走ったり、街乗りで使うクルマとしてもよりレベルの高いチューニングを考えるユーザーの正直な意見としては、従来のフジツボのマフラーは保安基準適合品のイメージが先行し、どこか物足りない部分が決してなかったかと言えばウソになるだろう。

 

しかし、東京オートサロン2019に展示予定のこのEXHパフォーマンスユニット(E.P.U)は、今までのフジツボのイメージを一新する特別なマフラーであるということが取材中もメーカーの熱意を通じて伝わってきた。

 

 

「これまでの製品との大きな違いは、製品を供給しているレースの現場で実際にいただいた要求から製品開発がスタートしている点です。そこからタイムを出すためのセッティングに必要な性能を考えると、エキマニからマフラーまで排気系パーツをトータルで設計する必要がありました」とフジツボの長谷川さん。

 

参戦車両をサポートする富士24時間やニュル24時間といったレースのほかに、フィードバックという点で特に重きを置いたのが最も市販車に近いレギュレーションで行われるS耐での意見だ。

 

現在S耐には10チーム以上へパーツを供給しているが、一癖も二癖もあるチューナーやドライバーからの要求に応えることは老舗メーカーのフジツボにとっても新しい発見が少なくなく、実際にEXHパフォーマンスユニットの開発も、チューナーでありながら自らドライバーとしても活躍するMCR小林代表の一言から始まったという。

 

 

「このパーツを作るときに最初にフジツボさんに言ったのが『どこのメーカーにも負けないパワーとトルクを出せるものを作ってくれ』ということ。それも、他と比べてちょっと良いくらいじゃ勝ったとは言わないから、やるなら市販で最強を目指そうと。何度も試作品をテストするたびにわがままを言ったけど、フジツボさんも一切妥協せずに作ってくれたよ」と完成品を満足げに眺めながら話す小林代表の意気込みは、歴代GT-Rをもって最強最速を目指してきた現役トップチューナーならではのものだった。

 

このEXHパフォーマンスユニットは、保安基準に適合しつつもチューニング用途に特化したフルエキゾーストパーツという位置付けとなる。もちろんポン付けでもノーマルと比べ性能は上がるが、真価を発揮するのがECUセッティングを行なった場合で、チューナー目線からベストなセッティングを出しやすい特性に仕上がっているのも特徴と言えるだろう。

 

 

対応車種(開発車種)は現在のところ86&BRZ、VAB型インプレッサ、NDロードスター、スイスポなどで、改造が積極的に行われているモデル群。

 

価格は86&BRZ用で42万円と高額だが、エキマニからエンドマフラーまでのフルパッケージということを考えると納得。ぜひとも、フジツボの本気を東京オートサロン2019の会場で感じてもらいたい。

 

PHOTO:Hiroki Iwashima  TEXT:Miro Hasegawa

 

 

86&BRZ用E.P.Uをチェック!

FA20エンジンの最大の弱点ともいえる、高回転域に達するまでに生じるトルクの谷間を解決するのに最も設計が練られた部分がエキマニだ。45φ×4→50.8φ×2→60.5の4-2-1レイアウト。フロントパイプ以降は消音性能も確保する必要があったが、エキマニはほぼS耐で使われている設計を変えずに用いることができたレース直系パーツとなる。

 

排気効率を高めるために第一触媒を用いず、第二触媒のみを使用する。この状態で保安基準をパスするために内部のハニカム構造も見直され、なおかつ求められる性能を維持するのにあたりオートサロンの発表からデビューまで時間を要する必要があったとのことだ。

 

マフラーのメインパイプ径はエキマニ集合部から60.5φのままリヤピースへ繋がり、テールエンドは85.7φ。また、車高を下げた際の路面とのクリアランスを考慮し、なるべく車体やデフに沿った形状になっている。ステンレスのステーに中空素材を使用しているほか、1本出しという形状も運動性能に関わるオーバーハング部分の軽量化の面でかなり有利になるポイントだ。

 

カーボンエンドを採用することで個性的なルックスに。カーボンがエンド部に直接触れないように中空で取り付けていることで耐久性もある。チタンテールがありきたりだと感じるユーザーにもオススメだ。オートサロン会場では、1本1本手作業でTig溶接された美しい接合部にも注目してほしい。