【チューニング時代を築いた名車たち -1990年代-】280psフラッグシップ車が続々登場! 空前のパワーウォーズに突入【スカイラインGT-R × スープラ】

バブル景気で新型モデルも開発ラッシュ!チューニングシーンはパワーウォーズに突入

 

 

SKYLINE GT-R【BNR32】 × SUPRA【JZA80】

 

チューニングシーンにおいて1990年代というのは、最も輝かしい時代だった。なにしろこの時の日本経済は空前のバブルを迎えていたのだから。自動車産業もオイルショックによる消費者の燃費志向や厳しくなった排ガス規制への対策といった苦難を乗り越え、この好景気を逃すまいと高級車や高性能なスポーツモデルをつぎつぎと送り出した。特にスポーツモデルは各メーカーがしのぎを削り、現代にまで通用するマシンがこの時代に多く生産されている。

 

当然、各自動車メーカーは自社の技術アピールのため、よりハイパワーなエンジンを開発したが、同時に交通事故の増加により当時の運輸省(後の国土交通省)は出力規制を業界団体に要請。これにより280ps自主規制という奇妙な縛りができたのはご存じの通りだ。なお、最初に280psマシンとして発売されたのはZ32(1989年発売)。

 

しかし、海外モデルでは300psを有していたため、それを知った国内ユーザーの心情は言わずもがな。その後に発売される280psを謳ったモデルもしかり。そうしたユーザーの不満を燃料にし、チューニングシーンは空前のパワーウォーズに突入して行く。

 

 

なにしろ、ほとんどのスポーツカーはもともと高性能なエンジンが自主規制に合わせデチューンされ搭載されているようなものだったため、ちょっとしたチューニングでも瞬く間に性能アップするモデルが多数存在した。

 

その中でも代表的な車種と言えば、当時の国産スポーツのフラッグシップといえる存在であったBNR32とJZA80だろう。搭載されるRB26や2JZは現在においてもトップクラスの戦闘力を誇り、これらのエンジンチューンで築かれた経験が、今のチューニングシーンの礎となっていることは間違いない。

 

このパワーチューン全盛の時代、その受け皿となるステージの象徴だったのが最高速。湾岸や東名はもとより各地の高速道路では、若者を中心にスピードへの憧れが加速していった。

 

ここで紹介する2台はそんな最高速ステージで名を馳せたトップシークレットが手がけたもの。どちらも現役のオーナー車であり、その魅力がまったく衰えていないのはさすがである。

 

関連ニュース