【SUPER TUNED MEMORIES】チョップドルーフ化で究極のローフォルムを実現したGRB顔のGDBインプ!【チョップド・インプレッサ Produced by HIRO】

土系の匂いを感じさせない超個性派インプレッサ!

 

 

不自然に見えない仕上げの良さとセンスが光る1台

 

フロントマスクだけを見ればGRBインプレッサのチューンドって感じなんだけど、よく見れば4ドアボディ。じゃあGRV(4ドア車の型式)のチューンドかと思いきや、リヤに回り込んでみると見慣れたGDBテールという不思議な1台がコレだ。

 

 

正直なところ、パッと見ただけでは何をベースとして製作されたマシンなのか理解できない人も多いはず。なんとなくGDBがベースだと思っても、ルーフが異様に低いことにすぐ気がつくはず。

 

そう、このマシンはチョップドルーフ化されたGDBをベースに、GRBフェイスをスワップした超個性的なインプレッサなのだ。

 

 

製作したのは、超絶カスタムマシン製作で有名な埼玉県のカーサービスヒロ。代表の中村さんは、もともとチョップド化されたGDBを持っていたんだけど、どうもそのままじゃつまらないと思っていたある日、GRBのフロントマスクを移植したらカッコイイんじゃないか? と、閃いてしまったそう。

 

 

ところが、単にGRBっぽくしたいというだけならまだしも、本格的なフェイススワップを行うにはGDBとGRBでは車幅が全然違うという大問題がある。普通ならば「やっぱ、やーめた」ってなりそうなものなんだけど、そこは超絶カスタムマシンを数多く手がけてきたカーサービスヒロの中村さん。「気合で頑張れば絶対にカッコ良くなる!」とのことで作業開始。

 

 

「GRBのフロントまわりのノーマルパーツを集めて検証してみると、この2台って車幅はけっこう違うけど、それはあくまでGRBインプレッサがオーバーフェンダー形状になっているだけだってことがわかった。じつはライトの間隔なんかはそんなに変わらないんだ。そこで、コアサポートまわりは2台の部品を組み合わせつつ、さらに加工を施してやることでライトやバンパーを装着。当然ながらひと筋縄ではいかなかったけど、思ったよりもイイ方法が見つかってキレイにマウントできたのは良かったね。ただし、フェンダーだけはどうしようもないからGRBインプレッサ用をベースにGDBのドアにつながるよう、ラインと寸法修正をしたよ」とのこと。

 

ここまで大胆な変更をしているのに違和感を感じないのはセンスと仕上げの良さがあってこそ。そして完成後のインパクトは、言わずもがな抜群だ。

 

取材協力:カーサービスヒロ

 

正面から見れば、まさにGRBインプレッサそのもの。ライトユニットはもちろんのこと、フロントバンパーも内部を加工することでGRB用がそのまま装着できるようになっている。グリルもノーマルがそのまま使えるけど撮影車両はKITサービス製となっている。

 

グラマラスGRBインプレッサのオーバーフェンダーをGDBのドアに合わせて大加工。立体的かつ複雑で、苦労の跡が伝わってくる形状だ。

 

このマシンがルックスだけのものだと思ったら大間違い。EJ25をベースとしたターボチューンでパワーは480psをマークしている。実は中村さんってS耐を始めとする数多くのレース経験を持つドライバーだったりもする。

 

タービンはEJとのマッチングがいいTD06-25Gをチョイス。エンジンマネージメントはモーテックM800で行っている。

 

SSR製プロフェッサーSP1の18インチを装着。10Jのオフセット+25というサイズも大幅なオーバーフェンダー化によってラクに納まってしまうのだ。タイヤは最後に走らせたのが筑波のタイムアタックだったということもあってアドバンA050だった。

 

サーキットアタック用にロールケージが張り巡らされ、カーペットなどは軽量化のために外されていた。サイドウインドウなども軽量なアクリル製に交換されていたんだけど「GDBってなかなか軽くならないね」と中村さん。