【直撃!! 噂の真走】え? 政府・与党が走行距離に応じた課税を検討中だと!?

公開日 : 2018/11/28 08:00 最終更新日 : 2018/11/28 08:00

自動車税の基準がこれまでの排気量から走行距離に変わる⁉︎

 

 

実施されたらメーター改ざんが増えそう…

 

クルマ好きにとって、興味深いニュースが飛び込んできた。

 

11月27日の報道によると「自動車関連税制の将来的な見直しで、政府・与党が走行距離に応じた課税を検討していることが27日、分かった。若者の車離れなどで自動車の保有者が減少する中、与党税制調査会は排気量に応じて課税している自動車税の新たな基準づくりについて議論。中長期的に課税方法の見直しを検討する方針を、12月中旬にまとめる与党税制改正大綱に盛り込む方向だ。(時事通信社)」とのこと。

 

まだ検討段階で不透明な部分は多いが、これは新たな課税ではなく、自動車税の基準をこれまでの排気量から走行距離に変更するという案らしい。

 

大排気量車に乗るユーザーにとっては歓迎かもしれないが、これだと日本固有の軽自動車文化を消滅させることになりかねない。軽カーを主戦力とする自動車メーカーはもちろん、運送業界からの反発は凄まじいだろう。

 

そもそも「走行距離に応じた課税」と言ったところで、その距離は何で計測するというのだろうか。普通に考えたらオドメーターなのだろうが、たとえ車検証に総走行距離の記載が義務付けられているとはいえ誤魔化そうと思えばいくらでも手段はあるし、タイヤサイズを変更したらそれだけで走行距離に誤差が生じる。正確性は決して高くないのだ。

 

政府のお偉いさんたちがどこまで真剣に議論しているのかは知る由も無いが、下手すれば若者だけでなく日本人の車離れを加速させてしまう気がしてならない…。