【最高速今昔物語 -東名レースから湾岸へ-】魂の回顧録 Special Discussion【雨宮勇美(RE雨宮)、大川光一(元トラスト)、吉田栄一(ミッドナイト会長)、稲田大二郎(暴走機関車)】

公開日 : 2018/11/21 19:50 最終更新日 : 2018/11/21 20:00

 

「誰にも負けたくないから、オレはアクセルを踏みつづけてたよ」

雨宮勇美

 

 

最速はだれだ!?

 

稲田:ボクは人づてに東名レースのウワサを聞いた。それで、いろいろと動きまわってるうちに、雨さんや大川さんと交流を持つようになったんだ。吉田くんはまだ出会ってなかった。

 

吉田:ボクは、当時アメリカンカークラブ(1973年に結成されたアメ車メインの走り屋チーム)に入ったばかりの若造でしたからね。みなさんは雲の上の存在でした。

 

稲田:アメリカンカークラブって言葉を聞いたのは、何年ぶりかなぁ(笑)。でも、当時は驚いたよ。1ドルが350円とかする時代に、チューニングされた高級外車で東名を突っ走る連中がいたんだから。

 

吉田:そのなかでも、幹部(大川さんのアダ名はここからきている)の大川さんは別格でしたよ。ブルーのトランザムは無敵でした。

 

雨宮:あのトランザムは速かったね〜。オレは負けなかったけど!

 

大川:抜かれるのが大キライだったから、シボレー454のV8積んで500psオーバーまでチューニングしてたの(笑)。

 

雨宮:あのころのカンブ、キレてたかんね〜。トランザムで前のクルマにブツけながら走ってんだもん!ほんで、あとからブツけたクルマのドライバーに文句いうんだよ。「この野郎! なんでオレのクルマに“ブツけられてんだ”よ!」って(笑)。意味わかんないッス!

 

大川:人を極悪人みたく言わないでよ(笑)。東名レースは“クルマの喧嘩”だったし、雨さんなんて赤ん坊(雨さんの長女)を股のあいだにはさんでバトルしてたじゃない。アレのほうがヒドイ。『この娘の将来は大丈夫なのかな〜』なんて真剣に思ったし。

 

吉田:さすがだ(笑)。でも、東名を走ってた人たちは、みんな気合入ってましたよね。雨さんを筆頭に。

 

稲田:IMC飯島やアウトバーン武田などのポルシェ軍団、トップスの高橋パンテーラ軍団、細木(現ABR)軍団とか、いろいろ濃いメンツが揃ってた。

 

吉田:最強パンテーラを駆る、ゲーリー光永さん(事故により他界)もいましたね。いまでは伝説ですけど。

 

大川:いろんなヤツが走ってたよ。日本車はLメカのZが全盛だった。そんななかでも、SS久保チューンのS30Zに乗ってた“大工”は速かったな。

 

雨宮:いたね!アイツ名前なんていうんだっけ?

 

大川:……。職業だけで名前は聞いたことがない(笑)。当時はそんなノリだったから。

 

稲田:大工のS30Zって、3.0Lでサファリヘッド(LYクロスフロー)を搭載したヤツだっけ? いや、ターンフローのスペシャルヘッドだったかな……? とにかく、やったら高回転までまわしててイイ音させてたのを覚えてるなぁ。

 

 

「若い子には理解できないだろうけど、全盛期の東名は“命を賭ける”場所だった」

大川光一

 

雨宮:まっ、速いといっても大体250キロくらいだったけどね。

 

大川:当時は300キロなんて出るわけなくて、国産車が200〜260キロ、輸入車が250〜270キロくらい。で、トップ連中は、スタート(海老名SA)からゴール(東京料金所)までを4分ソコソコってかんじ。

 

稲田:そうなると、やっぱ光永さんのパンテーラの速さはズバ抜けてたんだな。

 

雨宮:アレは速かった。いちどカンブが運転するトランザムの助手席に乗って、ゲーリーを追っかけたことあるんだけど、直線区間で“ズバ〜ン!”って引き離されたもん。遠ざかっていくパンテーラのケツをにらみながら、カンブは「あの野郎〜ちっくしょ〜ブローしちまえ〜」とか、ブツブツ怒ってたよねぇ(笑)。

 

大川:悔しかったんです(笑)。そのあと「何キロ出てた?」ってゲーリーさんに聞いたんだけど、そしたら「300キロ出た!」とか言い出しやがってさ。「な〜に寝言いってんだ」って怒ったんだけど……。

 

吉田:1981年の末に、OPTIONの谷田部テストで初の300キロ超えを達成しましたよね(笑)。

 

大川:そう! ホントにブッたまげた。「あぁ、あのとき言ってたことは本当だったんだ」って。

 

 

舞台は東名から湾岸へ

 

吉田:雨さんは当時、SA22Cでしたっけ。

 

雨宮:そっ、13Bペリのやつね。250キロくらいで走ってたと思うよ。その次がシャンテの12Aロータリー。

 

大川:エスエーは、よくクラッシュしてたね(笑)。

 

稲田:一回、ボクが見てる目の前で飛んでったことがあった。

 

雨宮:カンブがトランザムで、Daiちゃんがパンテーラの助手席に乗ってたときっしょ? 覚えてるよ〜!! オレがパンテーラを抜かしにかかったんだけど、ちょっと無理しすぎてスピンしちゃったんだ。

 

大川:で、そのまま多摩川の橋にドカ〜ン!

 

稲田:ビックリしてみんなで救出に行ったんだけど、雨さんはピンピンしてた。で、そのままクルマに乗り込んで、ブッ壊れたクルマを料金所までガタガタいわせながら走らせてったんだ(笑)。あれには笑ったよ。

 

雨宮:ギャラリーが多かったから、恥ずかしくてさ〜。1秒でも早くその場を去りたかったんだよ。でも、あの当時はみんなそうだったじゃない。走っては壊して直してはまた走る、の繰り返し!

 

大川:ギャラリーの数はたしかにスゴかったよ。海老名SAはもちろん、コースサイドにまで見物族があふれてたし。

 

吉田:中央分離帯や高速バスの停留所にまで、ギャラリーがいたほどですからね。あの光景は壮絶でしたよ。

 

稲田:集合地点の青山エンドレス(青山三丁目にあった喫茶店)も、夜9時をすぎると東名レーサーやギャラリーでイッパイだったよね。それこそ、青山通りがチューニングカーで埋め尽くされるほどに。

 

雨宮:そんで、オレらが青山エンドレスから首都高に向かって走り出したら、みんなも一斉にゾゾゾッて動き出してさ。100台以上いたんじゃない!?

 

吉田:もっと多かったかもしれません。でも、結果的にそういったことが原因で東名は走りづらくなってしまったんですよね。

 

大川:いちど、ギャラリーを巻き込んだデカイ死亡事故があったんだよ。それをキッカケに警察の取り締まりがきびしくなって、だんだん走るヤツラも減っていった。80年代中盤だったかな。それからは…。

 

雨宮:湾岸っしょ。

 

稲田:そう。谷田部が盛り上がってた時期だから、そっちに専念する人間も多かったけど、生粋のストリート派は湾岸や首都高に戦場を移したんだ。(次ページに続く)

 

 

東名レース全盛期のようす。コースサイドや中央分離帯には大勢のギャラリーであふれ返っていた。「危ねぇったらなかったよ!」とは雨さん。

 

東名レースを駆け抜けた国産車の主役は、やはりL型とロータリー。ポルシェをはじめとする輸入車チューンド勢と、はげしいバトルを毎週のように繰り広げていた。

 

 


東名最速RUNNERS

 

 

光永パンテーラ

伝説である。シボレーLS7(7.7L)のV8ユニットを600psまでチューニングしたモンスターは、1981年11月の谷田部テストでストリートカー最速の307.69キロを樹立した。

 

 

大川トランザムSPL

当時、東名最速とまでいわれたマシン。パワーユニットは500psを発生するシボレー454のV8ユニット。カンブ大川みずからが仕上げた究極のプライベートチューンドであった。

 

 

RE雨宮RX-7

写真は1981年のOPTION谷田部テスト時のもの(13Bサイド+KKKターボ仕様)。東名レース初期は13Bペリ仕様で集団の先頭を駆け抜けていた。この頃からロータリーひとすじなのである。

 

 

RE雨宮シャンテ12Aターボ

谷田部テストで最終的に240.48キロという尋常ではない記録を叩いたマシンだ。写真はキャノンボール時のもの。

 

 

IMC飯島ポルシェ

初期の東名レースを盛り上げたポルシェ軍団の筆頭。ブーストアップが敢行された911ターボは、谷田部テスト初登場(1981年)で260キロを突破する偉業を達成し、その実力を見せつけた。

 

 

アウトバーン武田ポルシェRSR3.5

ポルシェマニアの武田さんが作り上げた3.5Lのスペシャルマシン。速さもさることながら、かつて東名で警察による一斉摘発があったとき、カレは愛機をその場に置いて帰宅したという逸話がある。