【lb★nation SSX-660R】ホンダ最高峰のスタイリングをトレースする比類なき完成度のS660スタイリング! | web option(ウェブ オプション)

【lb★nation SSX-660R】ホンダ最高峰のスタイリングをトレースする比類なき完成度のS660スタイリング!

リバティーウォークの代名詞ワークスフェンダーで武装!

 

 

新型NSXをモチーフに造形されたエアロ!

 

今や世界が注目するカスタムブランド「リバティーウォーク」。その国産を中心としたエントリーブランドとして設立したlb★ネイションから登場したボディキットがこのSSX-660Rだ。その特徴は見ての通り、新型NSXにインスパイアされ、それをモチーフに造形された前後バンパーデザインの存在。仕上がりも“無理やり似せました”程度のクオリティではなく、リバティーウォークならではのこだわりが詰め込まれているのだ。

 

 

バンパーはNSXの持っている特徴的な部分を踏まえつつ、S660のボディサイズに合わせてスケール感をアジャスト。奥行きのあるデザインを優先するため、軽規格にこだわらず10センチ程度延長されているのは見どころのひとつといえるだろう。これによって既存のS660用エアロパーツにはない立体感を実現し、よりNSXのイメージに近づけることに繋がっているのである。

 

「せっかくのデザインをサイズだけにこだわると表現したいものを押し殺すことになってしまいます。そのためあえて軽規格を超えるバンパーを採用しています。もともと、オーバーフェンダーを付けてしまえばボディサイズは軽規格に収まりませんけどね」と語るのはデザインを担当した河村氏。

 

 

バンパーデザインだけでなく、リバティーウォークの代名詞ともいえるワークスフェンダーもラインアップされる。特にフロントセクションはフロントフードの切り欠きもある影響で、デザイン決めには多くの時間を費やしたとか。その甲斐あって純正ダクトのデザインを活かした3分割タイプが完成。ワークスフェンダーの有無で大幅なイメージチェンジを可能にしているのだ。

 

 

また、リヤウイングはスワンネックタイプのGTウイングのほか、コンパクトなダックテールもラインアップ。これらはエアロキットとしての販売はもちろん、エアサスやインテリアの張り替え、ブーストアップやリミッターカットといったカスタムコンプリートオーダーにも対応しているため、すでにオーナーの人はもちろんこれからS660を手に入れてチューニングを始めたいという人なら注目しない手はない!