【SUPER TUNED MEMORIES】1320馬力の4ローターターボ搭載! 海外のドリフトシーンを震撼させた魔改造アリスト

驚異の13B改4ローターターボ+NOS仕様! 全開時の燃料消費量はリッター1を遥かに下まわる

 

 

レギュレーション無視で理想のドリ車を追求!

 

オークランドから北にクルマで1時間、ワークワースという街で家族と一緒に住んでいるカール。父親はマッドマックスに出てきそうなナイスガイで、これまたクルマ好き。カールがクルマ好きになったのは遺伝なのだろう。

 

そんな男がドリフトに目覚めたのは2006年のこと。チューニングショップ「フレンズ」の猪瀬氏が製作した2JZ改1000馬力仕様のアリストが、白煙モクモクでドリフトする動画を見て大興奮。自分も猪瀬氏のようなマシンを作ってドリフトしたい! と思ったのがキッカケだったという。

 

 

それからしばらくしてアリストをゲット。当初は2JZで改造を進めるつもりだったけれど欲求がエスカレートしていき、いつの間にかオンリーワンのドリフト車両を作ることに考えがシフト。そして、気がついたらこの魔改造アリストが誕生していたというわけ。完成したのは2013年で、当時、海外の改造車雑誌やWEBを賑わせていたから知ってる人はいるだろう。あれから各部をアップデートしつづけていまに至る。

 

まずエンジン。ニュージーランドのCBRというチューナーが作ったブリッジポート仕様の4ローターターボを搭載! 馬力はなんと1320ps! さらに1800ccインジェクターを16本駆動させて全開時の燃料消費量はリッター1を遥かに下まわるやばさ。走行会を1日走ろうと思ったらメタノールガスが300L必要とか、もはや笑うしかない。

 

 

ここまで尖った超絶エンジンなのだが、アイドリングがすこぶる安定してたのは驚き。セッティングが決まっている証拠だ。

 

続いて足まわり。これまた凄い。まずフロント。サス構造はマルチリンクなのだけど、ショックのアッパー側はマウントレスでボディにリジット装着され、取り付け位置がまったく違う。ダンパー自体がかなり寝る方向でセットされてて、スプリングレートや加工された縦横ナックルとあわせてセッティングされているようだ。

 

そしてリヤ。なんとダブルウィッシュボーンを捨てて、4リンクのホーシングに改造! 海外のドラッグレースシーンでは見かける改造だが、ドリフト車両でこのような改造は聞いたことがない。たしかにホーシングならドラシャは折れにくくなるだろうし、アライメント変化も起こりにくいからドリフト向きな気がしなくもない!?

 

 

…と、ひとつひとつの改造に理由を求めてしまうのが我々の性なのだけど、カールとジックリ話をして気づいたのが、ひとつひとつの改造に理由などないということ。

 

そう、このアリストは理詰めで作られていない。カールがやってみたいと思った改造を制限なく詰め込んだ、言わば夢の結晶。その改造はドリフトに限定せず、ドラッグだったりタイムアタックだったり様々なジャンルから取り入れているし、競技仕様というわけでもないからレギュレーションも関係なし。ルール無視のアンリミテッドなのである。

 

ちなみにカールの腕前は決してプロ級というわけではなく、生粋のエンジョイ勢。だからといって「こんなクルマ乗りこなせるの!?」などと思うなかれ。好きな改造車で自分のできるドリフトを楽しむ、それが彼のスタイルであり美学なのである。

 

 

PHOTO:Mitsuru Kotake