【SCOOT 26B(RE) × S30】L型エンジンを撤去して4ローターNAユニットを搭載したフェアレディZに試乗!

4ローターをエスサンマルに!? 禁断のオーダーをスクートが具現化!!

 

S30型のフェアレディZといえば、旧車の中で最も人気の高い車種のひとつ。そして、搭載されるL型エンジンのチューニングは今でも進化を続け多くのマニアを楽しませている。そのL型エンジン搭載車のライバルとされていたのがRX-7とロータリーエンジンの搭載車。当時はL型か? ロータリーか? どっちが速いのかと議論が巻き起こり、レースでもストリートでも多くの勝負が繰り広げられていたほどだ。しかし今回、稲田大二郎が試乗したマシンは、フェアレディZに禁断とも言えるロータリーエンジンを搭載、しかも搭載されているのは4ローターNAのペリ仕様というから興味深い。


 

稲田大二郎インプレッション!

 

ドライビングシートからの眺めはダッシュボードやボンネットなど、初代S30フェアレディZのソレに間違いない。

 

しかし、ベッ、ベッ、べっ、ウオーン、というエキゾーストノートは紛れもないロータリーサウンドだ。このサウンドはペリ、そうペリフェラルポートチューン。しかも、V12搭載のスーパースポーツにも引けをとらない整った高周波サウンドは、4ローターエンジンだからこそ奏でることのできるものだ。

 

 

ところで、この4ローターサウンドといえば、僕の中から消えることはない記憶がある。1991年6月のル・マン24時間耐久レースだ。

 

このル・マン24時間レースに勝つことは自動車メーカーにとって最大の名誉。787Bに搭載されたマツダの4ローターエンジンは、レギュレーションの都合でこの年で最後の挑戦となり、そこで見事に総合優勝という名誉を遂げた。日本の自動車メーカーでは初の快挙だった。当日、僕が早朝に目覚めた時、ル・マンの町のホテルの寝室にまで4ローターサウンドが響いてきたのに驚いた。まだ走っていた! そして優勝に向かって順位を上げていたからだ。とにかく感動のレースだったことは忘れられない。

 

その後時は流れ…スクートスポーツがストリート用に4ローターエンジンを開発したのは何年前のことだっただろう?

 

試作、製作から市販化には長い時間がかかったし、ストリート用として登録するための手続きにもさらに時間をかけた。しかし、今世界に流通する4ローター用パーツは、スクートのキットの開発があってこそ形になったもの。そして、当時デモカー(FD3S改)に搭載された4ローターエンジンを試乗して、股間から脳天まで気持ちいいサウンドに酔いしれたのはハッキリと記憶に残っている。

 

あの感動の4ローターのフィールをストリートで味わえることになるなんて、なんて凄いことだと心底感じたのだ。

 

 

そして、今回製作された車両はさらに変わり種…S30Z? 旧車人気抜群のS30Zで、しかも240ZのGノーズ仕様だ。この4ローターエンジンを搭載した車両がRX-7などのマツダ車じゃないところも、なんともおもしろい。自由な発想で作れるチューニンングカーらしくていいじゃないか!!

 

そしていざ試乗、と言ってもまだナラシ中ということで全開走行はしていないが乗った瞬間からこれまでのデモカーを越える感触。というのも、約1トンにという軽量ボディの初期型S30Zに500ps/50kgmという4ローターエンジンを搭載しているのだから当然の話。アクセルをハーフにしただけでも、マシンは甲高い雄叫びをあげながらグングンと進んでいく。

 

 

4ローターの大きなトルクはレシプロに換算すると3600ccともそれ以上とも言われるほど。大げさに言うとアイドリング回転でもスイスイ走るという印象だし、5速40〜50キロからでもブーンとどこまでも加速する。

 

ファイナルギヤが3.7というから7000〜8000rpmあたりまでまわせば、300km/hオーバーも楽勝だろう。

 

現在はまだ暫定仕様で、全開ができなかったし、スクートの小関さんが得意とする足まわりも市販品に手を加えていない状態。さらに、全開にむけてはエンジンなどの冷却対策もしていく必要もありそうとのことなので、細部まで仕上がったらもう一度試乗させてもらいたいな。もちろん全開で。

 

 

というわけで、4ローターNAエンジン搭載のS30Z、乗っていると軽くて素早い昔のRX-7(SA22C)が10倍くらい速くなって、しかも乗りやすくなって現代に甦ったみたいだ。

 

最近の速くても面白みのないスーパーカーよりも、少しクセがあってもこういうチューニングカーのほうがよっぽどおもしろいし感動する! そもそも、僕のクルマへの持論でもあるエンジンが命っていうのにピッタリとハマる、夢のあるチューニングカーと言えるものだしね。