【OPTION誌 86/BRZ総選挙 総合2位】プリウスグリーンが映える86ターボ仕様!【きよ ZN6】 | web option(ウェブ オプション)

【OPTION誌 86/BRZ総選挙 総合2位】プリウスグリーンが映える86ターボ仕様!【きよ ZN6】

ワイド化を見越した上で50プリウス純正グリーンで全塗装

 

 

いずれはワイド化も!

 

OPTION誌の86/BRZ総選挙で総合2位に輝いたユーザーマシンが、この福井県“きよ”さんの86だ。選抜総選挙にエントリーした際はNAチューンだったきよさんの86だが、取材時にはフロントバンパー開口部にインタークーラーが鎮座。これは総合2位獲得のお祝いや取材を意識したわけじゃなく、走りのポテンシャルを一層高めるべく新たに施したターボ化だ。

 

 

「楽しく乗れる通勤マシンとして86を購入したので、ここまでイジるつもりはまったくなかったんですね。実際、購入直後はモデリスタのフルエアロとTRD車高調で十分カッコいいと思っていました。ただ、オフ会などに参加してみると定番仕様すぎて、まったく目立たない。昔はSRエンジンへとスワップしたAE86で楽しんでいたこともあり、オンリーワンな1台の構築に取り組んだんです。ただ、一気に進化させてもつまらないので、スタイルと走りの双方で気になる部分のアレンジを少しずつ重ねています」。

 

 

この進化に進化を重ねるというアプローチは時間こそかかるが、進化の過程と変化を満喫できるのが魅力。また、スタイルにおいても走りにおいても常に愛車を客観視して次の進化へと反映できるため、仕上がりの熟成度は格段に高まっていく。

 

その好例と言えるのが、ボトムのみでワイド感をしっかり引きだしたエアロチョイスだろう。将来的にはワイド化を計画しているが、今はナローで走りを詰めている真っ最中。そこでフェンダーまわりはそのままに、トラストのワイド用エアロを投入してオリジナリティを引き出しつつ、ワイド化した際の理想形を模索している。

 

 

また、次なる進化も見据えて取り組むという部分はボディカラーにも反映。AE86時代は、オリジナル調色したショッキングピンクでオールペンしていたが、仕様変更での色合わせに悩まされた経験を踏まえて、ワイド化に踏み切った際の色合わせが容易な上に、存在感もバツグンな50プリウス純正のサーモテクトライムグリーンをチョイスした。

 

ちなみに、走りに関しても、スタイル同様に着実なステップアップを重ねている。フットワークにブレーキ、クーリングといったベース環境をしっかり整えてからターボ化へ進み、ドラテクが伴う速さの引き出しを進行中。LSDや18インチ化などタイムアップへの糸口は数多く残しているので、こちらも今後どのような進化を果たしていくのかが楽しみだ。

 

 

焦ることなくじっくり取り組み、それでいて各ステップで進化中と感じさせることのないオリジナリティをしっかりと引き出す。「気になるところを少しずつ手がけています」ときよさんはいうものの、常に理想形を思い浮かべて無駄のないアプローチを図っているからこその完成度と言えるだろう。

 

PHOTO:Naotoshi Toshioka TEXT:Junya Murata

 

 

スペック

■エンジン:FA20改(312.6ps/35.4kgm) トラストT518Z(10㎠)ターボキット、メタルキャタライザー、オイルクーラーサーキットスペック(レッドカラー)/後期純正インマニ/ブリッツ NurスペックC-Tiクアッドマフラー、サクションキット、フロントパイプ

■サスペンション:アラゴスタ タイプS車高調(10kg/mm)/シルクロード リヤスタビリンク

■ブレーキ:D2 ブレーキシステム(F8ポット+356mmローター R4ポット+356mmローター)

■ホイール:グラムライツ57X Pro(8.5J×19+45)

■タイヤ:アドバンネオバAD08R(235/35-19)

■インテリア:レカロ TS-GS、SR-6/MOMO ドリフティング33φ/ブリッツ タッチブレイン

■エクステリア:トラスト フロントリップ、サイドステップ/ブリッツ・リヤバンパー、GTウイング/イングス・ボンネット/AVEST フロントガーニッシュ/ダズフェローズ・ヘッドライト/ヴァレンティ・テールランプ、バックフォグ

 

SR20をスワップしていたAE86時代のパンチ感を求め、トラストのT518Zターボキットを最近投入。吸排気チューンの201.2ps&21.8㎏mから、312.6ps&35.4㎏mへと大幅にパワーアップし、低中速からの頼もしさを満喫している。なお、差し色として使っている赤は後期用インマニを軸として、ホースやエアクリーナーフィルターなどエンジンルームへ積極的に採用。オイルクーラーにも限定モデルとなるトラストのアイテムを使用している。

 

ワイドボディキットを投入すれば手軽にインパクトを引き出せるが、まずはナローボディのまま視覚的なワイド化に着手。トラストとブリッツのミックス仕様だが、スタイリングの要となるフロント&サイドのボトムはトラストで整えているためチグハグ感を一切感じない。ボディとのボリュームバランスに考慮した19インチの足元と相まって、ワイド&ローなレーシースタイルへと仕上がった。

 

インテリアで際立つバケットシートを主体に、スカッフプレートやシフトまわりにも赤をバランス良く注入。ノーマルで採用される赤ステッチとの相乗効果もあり、ハイクオリティなスポーティさを引き出している。

 

 

「車高を落として魅せつつ走りもハイレベルにするためヘッドライトと足回りを同時にアプローチするなど、ステップアップメニューは常に熟慮されていますね。今後の進化が楽しみです」(オーナー代理:フェニックスパワー福井店 三国さん)