【最新パーツ情報】スモーキー永田作! R35GT-Rを最新顔ベースで超絶イケメンにするエアロパーツ!

2018/11/05 13:20

デザインはMY2017ベースで空力を徹底追求!

 

 

前中期を最新イメージにアップデート可能

 

スモーキー永田率いるトップシークレットが放つR35GT-R用フロントバンパーの第3作がコレだ。

 

基本デザインを現行のMY2017イメージをベースにしながら、各部に走行風を活用するためのディテールを投入。ボディ下面への空気の巻き込みを防いで整流を行うことで、高速域でのボディリフトを抑制し、走行安定性の向上を図っている。

 

また、素材はFRPとカーボンを使い分けており、カーボンの素材感を活かした塗り分けを行うことによって、スパルタンなルックスを作ることができるのも魅力だ。

 

なお、R35GT-RはMY2017からフロントまわりに日産のアイデンティティである「Vモーショングリル」が採用され、これによってボンネットフードもグリルのV字ラインに合わせて形状が変更されていたりもする。

 

トップシークレットのニューバンパーもVモーションを採用しているため、そのまま初期型〜MY2016に装着するとボンネットとのプレスラインがあわなくなる。そこでトップシークレットはMY2017デザインの新しいエアロボンネットも開発。積極的に排熱を行うためのダクトを配置し、サーキットアタックなど高負荷走行時にマシンの信頼性を格段に高めてくれるアイテムだ。エンジンルームへの水の浸入を防ぐ専用カバーが付属するので、ストリート仕様でも安心して導入が可能。

 

つまり、このフロントバンパーを装着しようと考えた場合、初期型〜MY2016ならフロントバンパー+ボンネットのセットで、MY2017オーナーはフロントバンパーのみでもボンネットとのセットでも問題ないというわけだ。

 

 

製品仕様

MY17フルバンパーキット/エアロボンネット

 

対応:GT-R(R35 ※)

価格:MY17フロントバンパーキット 33万円(FRP&カーボン)/MY17エアロボンネット 22万円(カーボン)、15万円(FRP)

※前期型〜MY2016までの車両でMY17フロントバンパーのみを装着するとボンネットとのラインが合わなくなります。

 

 

空力特性とデザイン性を高めるべく、MY2017モデルに近い造形を採用。グリル部やリップスポイラー部のほか、取り付け部にもカーボン素材を使用し、ハイスピード走行でも破損などが起きないよう、高い強度を確保している。高さは純正バンパーと同等で、ロードクリアランスにも配慮。

 

フロントバンパーとボンネットはそれぞれ単品での装着も可能。ただ、MY2017とそれ以前の車両では、プレスラインの位置が変わっているため、とくにMY2017以前の車両には同時装着が推奨される。

 

エアロボンネットはFRP製とカーボン製を設定。排熱のためのアウトレットダクトと、走行風を取り入れて冷却するためのインレットダクトを配置。エンジンルーム内の温度を下げ、スポーツ走行時の信頼性を高めることができる。