【OPTION誌 86/BRZ総選挙 総合1位】関西カスタム界の雄たちが手掛けた浪速の公道GTスタイル【まさやん ZN6】 | web option(ウェブ オプション)

【OPTION誌 86/BRZ総選挙 総合1位】関西カスタム界の雄たちが手掛けた浪速の公道GTスタイル【まさやん ZN6】

関西を代表するカスタムショップが技術力を注ぎ込んだ結晶

 

 

前後バンパーは純正にこだわる!

 

OPTION誌の86/BRZ総選挙で総合1位に輝いたユーザーマシンが、この大阪府“まさやん”の86だ。「もともとはRWBのポルシェに乗るのが夢でした」と言うが、保管場所の問題から断念。そこで、ポルシェでやりたかったことを86でやろうと決意して、完成させたのがこのマシンというわけだ。

 

ベース車両はトヨタディーラーで新車購入したそうだが、その経緯も面白い。ロケットバニーのワイドボディは必須として、納車前にカスタムショップや鈑金ショップと連携してもらい、2名乗車とともにワイドボディの公認を取得したと言うのだ。

 

 

そして、まさやんの絶対に譲れないこだわりが「前後のバンパーは純正を貫く」こと。その理由を「純正は開発に掛かっているコストが違うし、あらゆる条件下で最強やと思うんです。それに、社外のバンパースポイラーをつけると一気にカスタム度が上がるじゃないですか。手っ取り早い感じがイヤっていうか、カネを掛ければイイってワケやないことを見せたいんですわ。まぁカネはがっつり掛けてますけど(笑)」と、オチ付きで説明してくれた。

 

それが理に適っているかどうかではなく、しっかりと“自分ルール”を設定した上で、それに則ってカスタムをする。それが、まさやん86がオンリーワンの存在感を放つ理由なのだろう。

 

そして、もうひとつ。パーツ選びはもちろん、製作ショップにも徹底的にこだわる。しかも、一軒のショップに全てを任せるのではなく、メニューによってショップを変えると言うのだ。通常、幾つものショップに通うことは敬遠されるものだが、まさやんにそんなセオリーは通用しない。

 

「ボクはプロを困らせるのが好きなんですわ。ただ付けるんじゃなくて、そのパーツのポテンシャルを最大限に引き出してもらうために加工してもらったり工夫してもらったりする。一流のプロたちが意地を張り合って実力を発揮して、その上で1台のカスタムカーとしてバランスを考えてくれる。各ショップのセンスには本当に感謝しています」と語る。

 

ガレージイル、カスタムガレージスパーク、マッキナ…と、関西を代表するカスタムショップが、その技術力を注ぎ込んだ結晶。まさやん86の詳細は次項でチェックしてくれ!!

 

PHOTO:Hirotaka Minai