【AIMGAIN-GT. 86/BRZパーフェクトボディキット 】純正バンパーを活かしながらワイド&ローを演出する!

公開日 : 2018/10/30 09:49 最終更新日 : 2018/10/30 09:49


純正バンパーを活かしボディに融合させる、グラマラスなワイド&ロースタイル

 

空前のオーバーフェンダーブーム。また、ポテンシャルの大幅アップが狙える過給機チューンの普及で、グリップレベル向上が不可欠となってきたことも加わり、注目度が高まる86/BRZのワイドボディキット。ワイド化するためにはリヤフェンダーのアーチ上げなど一部ボディ加工が伴うが、純正フェンダーでは不可能なワイドタイヤがラクに履きこなせるため、ルックスと走りの両面でメリット大のボディチューンだ。

 

もちろん、86/BRZは人気モデルということもあって多彩なワイドボディキットがデリバリーされているのだが、今回注目していきたいのが、後期用に完全対応するエイムゲインGT・パーフェクトボディキット。

 

コイツは純正バンパーをベースに、フロント50mm、リヤ80mmものワイド化を図りながら、ボディへ馴染むグラマラスラインも楽しめるのが魅力の逸品。一般的なワイドボディキットはフェンダーのみボリュームアップさせるオーバーフェンダースタイル、もしくは専用バンパーまで用意してトータルコーデしたブリスターフェンダースタイルとなるが、エイムゲインGTは双方の持つスタイルをミックスしたハイブリッドスタイルとも呼べる独創的デザインが与えられた。

 

その完成度の高さは写真を見ても分かるように、純正バンパーベースとは思えないほどボディ全体からワイド&ローなインパクトを放つ。各セクションとプレスラインをシンクロさせつつ、ビスやリベットを使わないシームレス仕立てのワイドボディとしたことで、高級感とレーシーさを高めたグラマラススタイルを構築している。

 

PHOTO:Naotoshi Toshioka TEXT:Junya Murata

 

 

製品仕様

AIMGAIN

AIMGAIN-GT.

86/BRZ パーフェクトボディキット

 

対応:86(ZN6)/BRZ(ZC6)

価格:40万円

構成:フロントアンダースポイラー/サイドステップ(ワイドフェンダー専用)/リヤアンダースポイラー(バックフォグ・バックランプ付属)/フロントワイドフェンダー(4ピース・交換タイプ)/リヤワイドフェンダー(4ピース)/トランクスポイラー

 

 

 

純正バンパー両サイドのフラップボトムが際立つフラットデザインのアンダースポイラーを投入。デモカーのように上部をブラックで塗り分ければフラップボトムの形状を積極的にアピールできる。

 

フェンダーとのコンビネーションを高めるため、後期モデルのサイドステップはフロントフェンダーに向けた立ち上がりとリヤフェンダー前方を大きくカバーする造形が与えられた。

 

前期モデルで好評だった、バックフォグとバックランプを丸形レンズで展開するリヤアンダースポイラーを後期でも共用。ボリューム感が大幅に増したサイドセクションとバランスを整えるため、スポイラー上部は約50mm後方へと引き出している。

 

4.前期モデルではルーフスポイラーとトランクスポイラーのみだったが、躍動感高まった後期型をパーフェクトな一台へと導くべく、新たに1700mm幅のカーボンGTウイングを設定。

 

 

 

純正バンパーボトムのデザインをアピールするなら、BRZ同様にスポイラー上部をブラックで塗り分けるのがオススメ。基本デザインは2台とも同じだが、バンパー開口部の形状が台形となっている86だと一層ワイド&ローなイメージだ。

 

86後期は前期とアンダースポイラーの取り付けクリップの位置が異なるため、前期・後期を共用としたBRZと異なり専用品を用意。両サイドのフラップをなくしてリヤフェンダー後方をスッキリ魅せた。

 

86/BRZともにバンパー両サイドから一体感あるラインで、50mmボリュームアップさせるフロントフェンダー。サイドステップ前方の立ち上がりをフェンダー後方の絞り込みまで立ち上げ、スリットダクトライクに仕上げて立体感を高めた新デザインとなる。

 

トレッドを見せるフェンダー後部の絞り込みが好評だったリヤフェンダーは、クッキリとワイド感をアピールするプレスラインはそのまま、サイドステップの後半をボリュームアップさせてグラマラス感を一層高めた。